自動内寸設定

この機能を使用すると、平面図で選択された柱と複合構造要素または断面形状(複雑)要素のセットにすばやく寸法を記入できます。

1.寸法を記入する1つ以上の柱または複合構造/断面形状要素を選択します。

注記:断面形状の柱は無視されます。

2.[ドキュメント]→[注釈]→[自動寸法設定]→[内寸設定]からダイアログボックスを開きます。

3.希望の寸法設定オプションを選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/AutoInterior.png 

柱の寸法設定

[柱の中心]:柱の軸の寸法を表示します。

[柱の終点]:柱の終点の寸法を表示します。

注記: 円形の柱は、このチェックボックスに関係なく、常に中心に寸法が記入されます。

複合構造と断面形状要素

以下のいずれかのオプションを選択します。

[全ての仕上げ]:複合構造/断面形状要素の仕上げごとに、個別に寸法を記入します(このボックスのチェックをはずしたままにすると、全ての仕上げの合計幅に単一の寸法が適用されます)。

[壁とスラブを自動寸法]:寸法点は、下でチェックしたオプション(少なくとも1つのカテゴリをチェックする必要があります)に応じて、面や基準線に配置されます。

外面

躯体面

基準線

注記:これらのオプションは、[寸法の詳細](寸法ツールの設定)の自動方式と同じ働きをします。

[寸法の詳細]パネル」を参照してください。

4.カーソルをドラッグして、寸法を記入するように選択した要素間にわたって仮の線を描画します。

この線に垂直な、または交差する壁、柱、梁、スラブ、屋根、メッシュの辺に寸法が記入されます。線は複数の線分で構成できます。

5.線の入力を終了するには、ダブルクリックします。

6.クリックして寸法列を配置します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/AutoDimIntExample.png