線形寸法の図形作成法

線形寸法の図形作成法は情報ボックスで設定します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/DimDirectionOptions.png 

図形作成法の設定は、寸法列全体に対するもので、寸法単位ごとに設定できません。

注記: この他にも、3Dドキュメントウィンドウ用の図形作成法があります。

3Dドキュメントウィンドウでの線形寸法」を参照してください。

このページのトピック

[全ての方向]図形作成法

[X-Yのみ]図形作成法

[円弧長さ]図形作成法

シングルクリックお気に入り

[全ての方向]図形作成法

デフォルトの[全ての方向]図形作成法では、最初に配置した2つの基準点に平行または水平/垂直にしたり、選択した別の辺/面に平行にするなど、要素の位置を基準にしたさまざまな位置に連続寸法を作成できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/LinearGeom-0.png 

カーソルを移動し、フィードバックによって、どのような寸法設定が可能であるかを確認します。これは寸法点の位置に応じて異なります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/DimDiagonal.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/DimDiagonal2.png

その他の寸法線ベクトルも使用できます。黒いかなづちカーソルが表示されたら、このカーソルをプロジェクト内の任意の直線/辺に移動できます。

注記: 3Dドキュメントウィンドウでは、組み立て要素の辺に寸法を整列させる必要があり、線分は機能しません。

例えば、屋根に平行ではなく、対角線に対して平行なベクトルを使用して屋根の寸法設定を行うとします。

1.屋根の両端の2つの寸法節点をクリックします。

2.カーソルを対角に移動します。カーソルは「三つ又 + 平行寸法」カーソルの形状に変化し、寸法線を平行に配置できる辺が見つかったことを示します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/SkewRoofCustom2.png 

3.クリックして、寸法線がこの線/辺に対して平行になるよう固定します。

4.寸法線を標準位置に移動し、黒いかなづちカーソルでクリックして、寸法列を配置します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/SkewRoofCustom3.png 

[X-Yのみ]図形作成法

[X-Yのみ]図形作成法では、寸法線ゾーンが画面を基準にして水平および垂直のみに制約されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/HorizVert.png 

[円弧長さ]図形作成法

この作成法を使用して、曲線の要素に寸法を記入できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/LinearGeom-1.png 

1.線形寸法ツールが有効な状態で、情報ボックスから円弧長の図形作成法を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/ArcLengthGeo.png 

2.円弧または曲線の縁を三つ又カーソルでクリックします。この場合、端点を探す必要はなく、曲線上の任意の場所をクリックできます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/ArcLength1.png      //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/ArcLength2.png

3.ARCHICADでは、円弧または曲線の縁の端点にそれぞれマーカーが表示されます。これが、円弧長を測定する端です。寸法列に追加する他の点をクリックしてもかまいません。

4.白抜き鉛筆カーソルを使って作業領域のどこかをダブルクリックするか、または制御ボックスの[OK]ボタンをクリックして、寸法記入のための円弧ポイントの選択を終了します。

5.かなづちカーソルでクリックして寸法列を配置します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/ArcLength3.png      //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/ArcLength4.png      //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/ArcLength5.png

シングルクリックお気に入り

線形寸法ツール情報ボックスでシングルクリックお気に入りコントロールを有効にすると、壁とスラブの厚さをシングルクリックで記入できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/SingleClickThick.png 

1.線形寸法ツールを有効にして、壁またはスラブの輪郭線にカーソルを移動します。

他の要素をクリックすると、ワンクリックオプションは機能せず、通常どおり寸法線を配置する必要があります。

2.1回クリックすると、[寸法の詳細]の設定に応じて厚さの寸法が配置されます。

自動モードでは、外面/躯体/基準線の設定に応じて、複数の寸法点が寸法列に表示されます。

注記:基準線オプションのみを有効にしている場合、ワンクリックオプションは機能しません。

手動モードでは、壁およびスラブの全ての仕上げの寸法が寸法列に表示されます。

詳細は、「壁やスラブの厚さの寸法記入」を参照してください。