レイアウト上およびレイアウト設定内の改訂記録データ

それぞれのレイアウトは、改訂記録を表示することができます。

これはGDLオブジェクトであり、マスタレイアウトに配置するか、レイアウトに直接配置する必要があります(ARCHICAD のライブラリ内のグラフィックシンボルフォルダで使用可能です)。内容とスタイルをカスタマイズするには、オブジェクト設定を使用します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/RevisionHistoryObject.png 

改訂記録オブジェクトには、2種類のスタイル(簡略および詳細)があらかじめ定義されています。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/RevHistoryDetailed.png 

改訂記録オブジェクトがマスタレイアウトに配置されている場合でも、その内容はレイアウトごとに固有になります。つまり、改訂記録のデータは個々のレイアウトの現在の状態に基づいて更新されます。

注記:改訂記録オブジェクトを図面形式でレイアウトに配置することはお勧めしません。この場合は、オブジェクトをマスタレイアウトに配置するか、図面に直接配置してください。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/RevisionHistoryOnLayout.png 

改訂記録(詳細ビュー)には、レイアウトの改訂に加えて、各改訂に連動した全ての変更がリスト表示されます。

同じデータが、[レイアウト設定]の[改訂記録]パネルで入手できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/RevisionHistoryPanel.png 

レイアウトウィンドウを有効にして、変更マネージャーから、現在のレイアウトの[改訂記録]パネルにアクセスすることもできます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/LayoutRevisionHistoryButton.png