画像塗りつぶしの作成または編集

画像塗りつぶしは、以下の塗りつぶしとして使用できます。

作図塗りつぶし

表面塗りつぶし(屋根、スラブ、メッシュに適用可能)

画像塗りつぶしでは、作図塗りつぶしまたは表面塗りつぶしの前景として画像を使用できます。

デフォルトでは、属性として2つの画像ファイルが用意されていますが、独自に定義することもできます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/ImageFillsDefault.png 

画像塗りつぶしの新規作成

1.[オプション]→[属性設定]→[塗りつぶし種類]に移動します。

2.[新規作成]をクリックします。

3.[新規塗りつぶしを追加]ダイアログボックスで、[画像塗りつぶし]を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/AddNewFillImage.png 

4.[塗りつぶしの設定]ダイアログボックスが表示されます。[使用状況と表示用パターン]パネルで、新しい画像塗りつぶしを[作図塗りつぶし]または[表面塗りつぶし]として定義します。

5.[塗りつぶしテクスチャ]パネルの[画像をロード]ボタンをクリックし、ライブラリディレクトリのダイアログボックスを開きます。目的の画像を選んで、[OK]をクリックしてロードします。

6.[サンプル]フィールドで、プレビューに表示するテクスチャ単位の数を設定します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/ImageFillCreate.png 

7.[画像サイズ]コントロールに数値を入力して、画像塗りつぶしのサイズとパターンを細かく調整します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/ImageSize.png 

[元の比率を維持]:画像のサイズの編集時に画像が歪まないよう、水平および垂直サイズの値をリンクしたい場合に、このチェックボックスをオンにします。

[角度]:画像パターンを水平から回転させたい場合に角度を入力します。

8.[ミラー方法]を選択して、画像塗りつぶし内の繰り返しパターンを設定します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/FabricMirror1.png   //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/FabricMirror2.png

塗りつぶしとプロジェクトスケール間の関係を決定するには、2つのラジオボタンを使用します。

塗りつぶし種類のスケール」も参照してください。

9.[OK]をクリックして、新規に作成した塗りつぶしをプロジェクト属性として保存します。