ポップアップでの塗りつぶしの使用状況の定義

一度に取り扱う塗りつぶしが多くなりすぎないように、ARCHICADインターフェイス全体のダイアログボックスに表示される塗りつぶし選択ポップアップには、一部のプロジェクト塗りつぶし(そのコンテキストに関連する塗りつぶしのカテゴリに属する塗りつぶしのみ)が含まれます。

次に例を示します。

塗りつぶし種類をスラブまたは屋根設定などの表面塗りつぶし選択項目として使用可能にする場合は、[表面塗りつぶし]に設定する必要があります。

「切断塗りつぶし」として定義されている塗りつぶしのみ、ビルディングマテリアルで使用できます。

塗りつぶし種類属性のカテゴリの編集

1.[オプション]→[属性設定]→[塗りつぶし種類]ダイアログボックスを開き、塗りつぶしの[使用状況と表示用パターン]パネルを表示します。

2.編集する塗りつぶしを選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/ScreenPattern.png 

3.1つまたは複数の[使用項目]チェックボックスをオンにして、塗りつぶしのカテゴリを定義します。

[作図塗りつぶし]:組み立て要素には適用されません。塗りつぶしツールを使用して手動で描画します。

注記:このチェックボックスをオンにしていない場合、現在の塗りつぶし種類は、[塗りつぶし設定]ダイアログボックスには表示されません。

[表面塗りつぶし]:このボックスをオンにすると、現在の塗りつぶし種類は、スラブ、屋根、シェル、メッシュ、ゾーン、オブジェクトの設定ダイアログおよび[材質設定]ダイアログの[3Dハッチング]パネルに表示されます。

[切断塗りつぶし]:このボックスをオンにすると、現在の塗りつぶし種類は、(切断塗りつぶしを使用する)GDL要素の設定ダイアログまたは[ビルディングマテリアル]ダイアログボックスに表示されます。

注記:いくつか制限事項があります。例えば、画像塗りつぶしを切断塗りつぶしとして使用することはできません。

関連トピック

塗りつぶしカテゴリ

2D塗りつぶし要素のカテゴリの変更

塗りつぶしカテゴリを使用して表現の上書きでの塗りつぶし表示をコントロール

塗りつぶしカテゴリでDXF/DWGへのエクスポートを最適化