ベクトル塗りつぶしパターンの編集

ベクトル塗りつぶしを編集している場合、このパネルが[塗りつぶしの設定]ダイアログボックス([オプション]→[属性設定]→[塗りつぶし種類])に表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/EditVectorial.png 

塗りつぶし種類のベクトルパターンを変更するには、ダイアログボックスの上部にあるポップアップリストで、変更したい塗りつぶしを選択します。

以下に説明するコントロールを使って、[ベクトルパターンを編集]パネルでプロパティを編集します。

[パターン単位を表示]:このボックスをチェックすると、プレビューウィンドウに表示されたシンボル単位が強調表示されます。

[スケールフィールド]:このボックスには、ベクトルハッチング領域のビューをコントロールするためのビュースケールを入力します。

塗りつぶしとプロジェクトスケール間の関係を決定するには、2つのラジオボタンを使用します。

塗りつぶし種類のスケール」も参照してください。

[縮小]:ベクトルハッチング領域のビューを縮小します。

[拡大]:ベクトルハッチング領域のビューを拡大します。

[間隔]:ベクトルハッチングパターンで水平方向および垂直方向に間隔を設定する値を、このセクションに入力します。

[角度]:ここに値を入力して、サンプルウィンドウに表示されているベクトルハッチを回転します。

終了したら、[OK]をクリックします。この塗りつぶしパターンを使用する要素には、修正済みの塗りつぶしパターンが表示されます。