ベクトル塗りつぶしまたはシンボル塗りつぶしのパターンの向きの設定

ベクトル塗りつぶしまたはシンボル塗りつぶしのパターンの向きを手動で定義または変更するには、向き方式コントロールを使用します。

ベクトル塗りつぶしおよびシンボル塗りつぶしを使用する複合構造をここに示します。この塗りつぶしの向きを調整して、壁の外観を向上させることができます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/FillOrientation1.png 

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/FillOrientation2.png 

要素の塗りつぶし向きの種類を選択する場所

ベクトルまたはシンボル表面塗りつぶしを使用する塗りつぶし要素では、[塗りつぶし設定]の[一般設定]パネルの「組み立て法」オプションを使用します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/FillLinkPattern.png 

ベクトルまたはシンボル表面塗りつぶしを使用するゾーンでは、[ゾーン設定]の[平面図]パネルのラジオボタンを使用します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/ZoneOrientation.png 

メッシュ、スラブ、屋根、モルフ、またはシェルに割り当てられた表面塗りつぶしの場合は、設定ダイアログボックスの[表面塗りつぶし]の下にあるコントロールを使用します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/CoverFillOrient.png 

複雑な要素や複合構造要素の構成要素で使用される切断塗りつぶしでは、塗りつぶし向き設定がビルディングマテリアルから取得されます。

塗りつぶし向きの種類

プロジェクト原点にリンク

塗りつぶし原点にリンク

変形塗りつぶし

屋根の変形塗りつぶし

半径変形塗りつぶし(シンボル塗りつぶしのみ)

プロジェクト原点にリンク

[プロジェクト原点にリンク]を選択すると、ハッチングの向きは、要素上の変形に関係なく、常にプロジェクト原点から直角に描画されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/ProjectOriginSlab.png 

塗りつぶし原点にリンク

[塗りつぶし原点にリンク]を使用すると、塗りつぶしパターンの角度を微調整できます。このオプションを選択すると、塗りつぶしパターンは塗りつぶしの原点から開始されます。この場合、単一の制御点が配置済みの塗りつぶしに表示され、塗りつぶし方向の視覚的フィードバックが決定して表示されます。

注記:塗りつぶしの制御点が表示されるのは、[表示]→[表示オプション]で[塗りつぶし制御点](作図/編集補助を表示)を有効にしている場合のみです。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/FillOriginSlab.png 

塗りつぶし制御点を移動し、必要に応じて塗りつぶしパターンを再編成します。ペットパレット上で[サブ要素を移動]アイコンが有効になっていることを確認します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/FillOriginSlabTurn.png 

[塗りつぶし原点にリンク]オプションを使用して新しい塗りつぶしを作成する場合、最初に塗りつぶしツールを使用して塗りつぶしポリゴンを配置します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/FillRelative.png 

カーソルが塗りつぶし制御点の矢印に変わります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/FillArrow1.png 

2回クリックして、塗りつぶしパターンの原点と方向を定義します。最初のクリックで塗りつぶし原点を指定し、次のクリックで塗りつぶしの方向を指定します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/FillArrow2.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/FillArrow3.png

注記:制御点は、必ずしも塗りつぶし内に配置する必要はありません。塗りつぶしを配置した後で、制御点を塗りつぶしの外側に移動することができます。

変形塗りつぶし

(一部の要素の表面塗りつぶしに使用できる)塗りつぶし向きの3番目の組み立て法では、[変形塗りつぶし]を使用できます。この場合、単一の制御点が方向ベクトルを表す代わりに、2つの制御点が塗りつぶしの原点に表示されるため、いずれかの制御点の長さと2つの制御点で結ばれる角度を修正することによって、ハッチングパターンを操作できます。(参照線が有効である場合)いずれかの制御点をつかむと参照円が表示されます。これは、塗りつぶしの変形を開始した後で方向を元に戻す場合に、制御点を参照円上の元の場所に戻すことができるようにするためです。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/FillsDistortedPlan.png 

屋根の変形塗りつぶし

また、この機能を使用すると、屋根の表面塗りつぶしも、実際の図形の位置に従って表示できます。屋根の表面塗りつぶしのパターンは手動で変形することはできませんが、[屋根の設定]ダイアログボックスで[勾配に合わせて変形]コントロールを設定すると、斜面に合わせて表面塗りつぶしを自動的に変形できます。

この操作を行う場合は、屋根を選択してその屋根の設定の[平面図と断面図]パネルを開きます。[表面塗りつぶし]が有効であることを確認し、[勾配に揃える]および[勾配に合わせて変形]コントロールをオンにします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/RoofSettingsDistort.png 

複合要素の層としてのシンボル塗りつぶし:層に合わせる

複合要素にビルディングマテリアルの一部としてシンボル塗りつぶしが含まれる場合、その塗りつぶしを「層に合わせる」ことができるため、塗りつぶしパターンは層の形状に合わせて調整されます。これは特に、ソフト断熱材、合板、金属装飾、または方向塗りつぶしのモデリングを行う場合に便利です。

これを行うには、[ビルディングマテリアル]ダイアログボックス([オプション]→[属性設定]→[ビルディングマテリアル])内のコントロールを使用します。

1.ダイアログボックスの[塗りつぶし向き]コントロールに移動します。

2.[層に合わせる]を選択します。

これで、シンボル塗りつぶしパターンが要素の輪郭に合わせて調整されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/FillOrientation3.png 

半径変形塗りつぶし(シンボル塗りつぶしのみ)

[半径変形塗りつぶし]組み立て法では、ベクトルの半径変形をグラフィカルに調整できます。この方法が使用できるのは、選択したシンボル塗りつぶしで、以下の条件が全て揃っている場合のみです。

シンボル塗りつぶしが複合構造または断面形状の仕上げ塗りつぶしとして使用されている

仕上げの塗りつぶし向きがビルディングマテリアルで[層に合わせる]に定義されている

曲線複合構造/断面形状壁が分解された後、このシンボル塗りつぶしが選択されている

分解」を参照してください。

注記:プロジェクト内で多数の半径変形塗りつぶしを使用すると、プロジェクトのパフォーマンスが低下する場合があります。

複合構造の分解後に、仕上げの1つとしてシンボル塗りつぶしが設定された曲線複合構造(向き:「層に合わせる」)が、以下のようにあります。それぞれの塗りつぶしは個別に選択できるようになっています。シンボル塗りつぶしに塗りつぶし制御点が表示され、半径変形塗りつぶしの組み立て法を使用できます。塗りつぶし制御点を調整し、必要に応じて塗りつぶしの変形またはパターンの原点を調整します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/DistortedFillCurvedWall.png