楕円弧および楕円の描画

楕円弧または楕円を描くには、ツールボックスの円弧/円ツールと、情報ボックスの2番目のアイコンで示される図形作成法(楕円2点法、楕円中心法、楕円弧法)の1つを選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/EllipseInfoBox.png 

楕円2点法では、矩形に制約される楕円を作成します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/ArcNoI.png 

この方法では、対角線上の2つの点で定義される矩形の内接楕円が作成されます。

1.矩形の始点をクリックします。

2.対角線を伸張させると、矩形内に楕円が表示されます。

3.2回目のクリックで、楕円の大きさを確定します。

楕円中心法は、楕円2点法と同じように機能しますが、中心点と準対角線の終点で参照用の矩形を定義します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/ArcNoII.png 

楕円弧法では、楕円の主半径ともう1つの半径、および円弧の角度を使用して楕円弧を定義します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/ArcNoIII1.png      //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/ArcNoIII2.png      //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/ArcNoIII3.png

1.楕円の中心をクリックします。

2.もう一度クリックして、主半径の向きを確定します。

3.副半径のラバーバンドで、サイズや角度を伸張できます。2つの半径に合った楕円が作成されます。副半径を伸張させすぎたり、主半径との同一線上に置いたりすると、楕円は作成されません。

4.最終に、楕円を保持しながら、円弧の角度を定義します。最初にラバーバンドを使用して、角度を開始する辺を定義します。その角度を閉じる別の辺を定義すると、角度に沿って楕円弧が作成されます。最終的な円弧では、角度の辺は表示されません。