曲線のストレッチ

[ストレッチ]コマンドまたはペットパレットアイコンを使用して、曲線壁、梁、円弧、および円の円周や半径を修正できます。

長さのストレッチ

[長さのストレッチ]アイコンは、端点(または曲線壁の場合は基準線の端点)を曲線に沿って移動して要素の円弧の長さを変更する場合に使用します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/StretchArc.png 

円弧から完全な円への変換やその逆の変換を行います。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/CloseCircle.png 

注記: 曲線壁をストレッチして円を描くと、2つの半円要素に変換されます。

半径のストレッチ

[半径のストレッチ]アイコンは、縁または基準線を移動して要素の半径を拡大または縮小する場合に使用します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/ChangeRadius.png 

楕円をストレッチ

閉じた楕円または円をストレッチすると、この形を修正できます。

楕円または円を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/StretchEllipse.png 

節点をクリックして、ペットパレットを表示します。

[楕円をストレッチ]アイコンを選択します。

カーソルを移動して軸に沿ってストレッチするか、または円を楕円にストレッチします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/StretchEllipseIcon.png 

クリックして終了します。