ポリラインおよび一連の線の作図

各種の線タイプツールの機能を組み合わせることにより、ポリラインツールまたは線ツールの連続図形作成法を使って、一連の直線および曲線を作成できます。

2つのオプションの違いは、結果に表れます。

ポリラインは、ポリラインツールを使用して作図する単一の要素です。

一連の線は、線ツールを使用して作成する一続きの接続された線です。線の各部分は作成前後にグループ化できますが、個別の要素です。一連の線をグループ化する場合は、一連の線の作図を開始する前に[編集]→[グループ化]→[自動グループ化]コマンドを有効にするか、または作成済みの一連の線を選択して[編集]→[グループ化]→[グループ化]コマンドを実行します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/LinePolyDiff.png 

ポリラインを作成するには、ポリラインツールの図形作成法(ポリゴン法、矩形法、または回転矩形法)を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/InfoBoxPolyLine.png 

一連の線を作成するには、線ツールの図形作成法(連続法、矩形法、または回転矩形法)を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/InfoBoxLine.png 

いずれかの方法(ポリラインまたは一連の線)を使用して、各端点をつなぎ合わせた一連の直線または曲線を作成します。

線分を描画し、クリックして線分を完成します。

クリックして1つの線分を完成すると同時に、次の線分が始まります。

制御ボックスで[OK]ボタンをクリックするか、または最後の端点をダブルクリックしてポリラインまたは一連の線を完成します。

このプロセスの詳細については、「連続壁の作図」を参照してください。

最後に作成したポリラインまたは一連の線をキャンセルする場合は、Backspaceキーを使用します。

ポリラインの延長

次の手順を実行すると、作成済みのポリラインをいずれかの端点から延長できます。

既存のポリラインを選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/PolylineEx1.png 

ポリラインのどちらかの端点をクリックします。

ペットパレットから、[ポリラインを延長]アイコンを選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/PolylineEx2.png 

追加する線分を作成して、ダブルクリック(または、制御ボックスで[OK]ボタンをクリック)してポリラインを完成します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/Polylineex3.png 

注記: 元のポリラインを延長する場合、Back spaceキーを使用すると最後に作成した線分を削除できますが、元のポリラインの線分を削除することはできません。

線ツールまたはポリラインツールによる矩形の作成

線ツールで矩形図形作成法を使用すると、デフォルトで4つの個別の線分が作成されます。ポリラインツールで矩形図形作成法を使用すると、単一の矩形が作成されます。

回転矩形図形作成法では、まず矩形の基準線の回転ベクトルを定義します。回転ベクトルは、基準線に平行な2線分の長さも定義します。Shiftキーを1回押すことで、長さを定義する機能の制約を解除し、回転角を決める機能のみを使用できます。