マスタレイアウト

マスタレイアウトは、テンプレートのように、レイアウトブックのレイアウト(ページ)のサイズを定義します。各レイアウトには、マスタレイアウトが割り当てられます。

マスタレイアウト(「マスタ項目」)に配置するグラフィック項目とテキスト項目は、そのマスタレイアウトをテンプレートとして使用する全てのレイアウトに表示されます。

マスタレイアウトはレイアウトブックの[マスタ]フォルダに収めて、固有の名前を設定できます。

ARCHICADには、事前定義された複数のマスタレイアウトが用意されています。この事前定義されたマスタレイアウトの1つを使用するか、カスタマイズして使用できます。

これらのオプションの多くは、[マスタレイアウトの設定]で設定します。

マスタレイアウトの設定」を参照してください。

マスタレイアウトを開く

マスタレイアウトを開くには、レイアウトブックでその名前をダブルクリックします。

デフォルトでは、全てのレイアウトおよびマスタレイアウトは新しいタブまたはウィンドウで開きます。

新規レイアウトまたはマスタレイアウトを開く場合、それまで開いていたレイアウトを置き換えるか、あるいは新しいタブに個別のレイアウトとして開くことができます。このタブの設定は、[オプション]→[作業環境]→[追加オプション]で変更できます。

デフォルトマスタレイアウト

新たに作成されるレイアウトには、いずれかのマスタレイアウトがデフォルトで適用されます。デフォルトのマスタレイアウトは、角が折れたアイコンで示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/MasterDefault.png 

使用するレイアウトのデフォルトマスタレイアウトを変更するには:

ナビゲータまたはオーガナイザでデフォルトマスタレイアウトを選択してから、以下のいずれかの操作を行います。

コンテキストメニューから[デフォルトとして設定]を選択します。

[マスタレイアウトの設定]を開き、[新規レイアウトのデフォルトとして設定]ボックスをオンにします。

マスタレイアウトの適用

任意のレイアウトに別のマスタレイアウトを適用するには、以下のいずれかの操作を行います。

いずれかのマスタレイアウトを選択されているレイアウトの上にドラッグ&ドロップします。

レイアウトをいずれかのマスタレイアウトの上にドラッグ&ドロップします。

レイアウトを選択して、ナビゲータパレットの下部のポップアップメニューで、または、選択されているレイアウトの設定ダイアログボックスで、別のマスタレイアウトを選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/ChooseMaster00091.png 

新規マスタレイアウトを作成

新規マスタレイアウトを作成するには、以下のいずれかの操作を行います。

ナビゲータのマスタフォルダの項目のコンテキストメニューから[新規マスタレイアウト]コマンドを使用します。

[ドキュメント]→[レイアウトブック]→[新規マスタレイアウト]コマンドを選択します。

ナビゲータまたはオーガナイザの新規マスタレイアウトアイコンをクリックします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/NewMaster.png 

マスタレイアウトタイトルブロック

デフォルトマスタレイアウトには、2D図面要素とテキスト項目(自動テキストを含む)から構成される、共通に使用されるタイトルブロックが含まれます。自動テキストは、プログラムによって自動的に生成される事前定義の特別なテキスト項目から構成されます。

自動テキスト」も参照してください。

例えば、次の図のマスタレイアウトテンプレートのタイトルブロックには、テキスト項目やロゴだけでなく、プロジェクト名、図面名、プロジェクトステータス、およびレイアウトIDの自動テキスト項目が含まれています。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/Titleblock.png 

マスタレイアウトを開き、2D編集ツールおよびテキストツールを使用して内容を追加または修正することによって、タイトルブロックを作成または編集することができます。

マスタレイアウト項目の表示

全てのマスタ項目に統一カラーを割り当てるには、[オプション]→[作業環境]→[画面オプション]で設定します。この設定を行わない場合は、マスタ項目は元のカラーで表示されます。

マスタ項目をレイアウトの上下に表示するには、[マスタレイアウトの設定]の[名前とサイズ]パネルで目的のオプションをクリックします。

[表示]→[表示オプション(スクリーン)]→[レイアウトでのマスタ項目]をオフにすると、全てのレイアウトでマスタ項目を非表示にすることができます。このオプションは、参照として使用されるレイアウトのマスタ項目にも影響を及ぼします。

レイアウトを参照として表示する場合、全てのマスタレイアウト項目が参照の一部として表示されます。