ホットリンクモジュールマネージャー

注記:ARCHICAD 22 レギュラー版のみ

このダイアログボックスを使用して、プロジェクト内のホットリンクモジュールとホットリンクソースを管理します。

以下の手順で開きます。

[ファイル]→[外部参照]→[ホットリンクモジュールマネージャー]、または

[ホットリンクモジュール]のプロジェクトにある任意のホットリンクのコンテキストメニュー

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/080-collaboration/HotlinkManagerContext.png 

「ホットリンクモジュール」リスト(ダイアログボックスの上半分)に、現在のプロジェクトにホットリンクされているモジュールの階層が表示されます。

リストは階層構造になっていて、下位レベルのネストされた全てのモジュールをツリー構造で示しています。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/080-collaboration/HotlinkManagerAll.png 

モジュール情報

このリスト内の任意のモジュールを選択します。モジュール情報には以下が含まれます。

このモジュールの配置済みホットリンクの数

ソースファイルの名前

このモジュールのリンクされたフロア(または複数のフロア)。

 変換情報

IFCベースのモジュール:テンプレートファイル、トランスレータファイル、およびテンプレートファイルの場所

Rhinoベースのモジュール:このモジュールのインポートオプション(例:レイヤーと表面の変換)

一覧表示されたモジュールの上にカーソルを置くと、ホストファイル内のモジュールの位置などの情報を表示することもできます。

このリストのモジュールを選択すると、下の[ホットリンクソース]リストにそのソースファイルの名前が強調表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/080-collaboration/HotlinkManager.png 

モジュールを変更

選択したモジュールを別のモジュールに置き換えるには、[モジュールを変更]をクリックします。

注記:ネストされたモジュールでは使用できません。

[ホットリンクモジュールを選択]ダイアログに、このプロジェクトの使用可能なホットリンクモジュールが表示されます。モジュールを選択して、モジュールを変更します。

ホットリンクモジュールを選択」を参照してください。

リンクを解除

このボックスをオンにすると、このモジュールの全ての ホットリンクが解除され、それらの要素がホストプロジェクトに埋め込まれます。これらの要素は、通常の編集可能なARCHICAD要素です。グループ化されていますが、モジュールの一部ではなく、他のソースファイルにリンクされていません。

このコマンドは、ロックされたレイヤーにあるホットリンクでは有効ではありません。

注記: 単一の配置されたホットリンクを解除するには、ホットリンクを選択して、ホットリンク設定から[ホットリンクを解除(埋め込み要素)]を使用します。

ホットリンクを解除(埋め込み要素)」を参照してください。

注記: [解除]コマンドは、ネストされたモジュールには使用できません。

[リンクを解除]機能は、例えば、プロジェクトがほぼ完了していて、内部のレンダリングをいくつか作成したい場合などに役立ちます。プロジェクトのビジュアリゼーション用にコピーを保存することができます。コピーでは、[リンクを解除]を使用してモジュールの全てのホットリンクを埋め込みます。これにより、全ての要素に個別にアクセスできるので、材質ペインターをはるかに簡単に使用できます。

削除

ホットリンクモジュールとその配置済みホットリンクの全てをプロジェクトから削除します。

ロックされたレイヤーにあるホットリンクや要素は削除されません。

注記: [削除]コマンドは、ネストされたモジュールには使用できません。

ネストされたモジュール(ホットリンクモジュールマネージャー)

ネストされたモジュール(存在する場合)は、モジュール階層内での位置に従って、ホットリンクモジュールマネージャーに表示されます。ネストされたモジュールのポップアップメニューを使用して、配置されたホットリンクでそれらを無視または含めます。

[無視]:選択したモジュールの全てのホットリンクのネストされたモジュールは、無視されます(平面図には表示されません)。もちろん、これらは引き続きソースモジュールに存在します。

[含む]: 選択したモジュールの全てのホットリンク内の全てのネストされたモジュールが表示されます。

無視されたネストされているモジュールを再表示するには、[ホットリンクモジュールマネージャー]で親モジュールを選択し、[ネストされたモジュール]ポップアップから[含む]を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/080-collaboration/IncludeNestedMgr.png 

[ホットリンクモジュール]リストでネストされたモジュールを選択した場合は、ホットリンクを変更したり解除することはできませんが(コマンドとモジュール名は灰色で表示されます)、新規ファイルとして保存することは可能です。

注記:

IFCまたはRhinoベースのモジュールにネストされたモジュールを含めることはできません。ただし、IFC/RhinoベースのモジュールをPLNのホットリンク内にネストすることができます。

任意の単一ホットリンクのネストされたモジュールを無視または含めるには、[ホットリンク選択設定]を使用します。

ホットリンク設定」を参照してください。

ホットリンクソース

このプロジェクトのホットリンクモジュールのソースファイルを、名前およびステータス別に一覧表示します。

必要に応じて、ポップアップ矢印をクリックしてステータスを更新します。

注記: デフォルトでは、ホットリンクモジュールマネージャーを開くたびに、自動的に全てのホットリンクの状態がチェックされます。このプロセスで作業が遅くなる場合は、 [オプション]→[作業環境]→[データ保護/完全性]で[状態を自動的に確認]チェックボックスをオフにします

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/080-collaboration/HotlinkSources.png 

ホットリンクソースファイルのステータスメッセージ」も参照してください。

データを列別にソートするには、ヘッダーをクリックします。

列の幅を編集するには、分割バーを使用します。

このリスト内のファイルを選択し、右側で以下の項目を確認します。

[ファイルサイズ]:ソースファイルのサイズ。

[修正]: ソースファイルが最後に変更された時刻(同じ格納場所。パスは下に示されます)。

[最終変更日]:ソースファイルが最後に更新された時刻(現在のホストプロジェクト内)。この日付が「修正」の日付より前の場合は、ソースファイルは古く、更新が必要です。

[保存先]:ソースファイルのファイルパス。

リスト内の選択されている全てのファイルに対して、以下の操作ができます。

再リンク

更新

別途ARCHICADで開く

再リンク

[再リンク]は、ホットリンクソースが「欠落」状態で表示されている場合に使用します。

表示される[新しいホットリンク]ディレクトリダイアログボックスで、ホットリンクソースの場所を指定します(このホットリンクソースが欠落になったのは、新しい場所に移動したためだと考えられます)。ホットリンクソースが欠落になっている限り、ARCHICADはそのモジュールのインスタンスを更新できません。

新しいソースファイルに基づいて、元のソースに基づく全てのホットリンクが置き換えられます。

注記: IFCソースファイルは、IFC形式の別のファイルに再リンクする必要があります。

警告:この操作を実行すると、ARCHICADプロジェクトの「取り消し」のメモリが全て削除されます。

新しいソースファイルのフロア構造がホストファイルと異なっている場合、再リンクの結果として、一部の寸法とラベルが消失する可能性があるという警告が表示されます。

注記: [再リンク]が有効なのは、最上位のホットリンクモジュールのソースファイルに対してだけです。ネストされたホットリンクは再リンクできません。ネストされたホットリンクが「欠落」と表示されている場合は、ネストされたホットリンクが配置されているファイルを開き、ソースファイルを再リンクします。

更新

ホットリンクモジュールのソースファイルが元の場所で変更された場合、[ホットリンクソース]リストのステータスは「修正」と表示されます。ソースファイルを更新し、それによってモジュールの全ての配置済みホットリンクを更新する必要があります。ソースファイルを選択し、[更新]をクリックします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/080-collaboration/UpdateHotlink2.png 

このコマンドは、配置されたホットリンクのコンテキストメニューから、[ホットリンクモジュール]→ [モジュールと全ての関連ホットリンクの更新]でも利用できます。

注記:ホットリンクを含むファイルを開くときや公開するときに環境設定を更新するには、[オプション]→[作業環境]→[データ保護/完全性]→[ホットリンク更新]でドロップダウンオプションを使用します。

ホットリンク更新」を参照してください。

別途ARCHICADで開く

注記:IFCまたはRhinoソースファイルでは使用できません。

選択したソースファイルをARCHICADの新しいインスタンスで開きます。

別途ARCHICADでモジュールを編集」も参照してください。

ホットリンクソースファイルのステータスメッセージ

[OK]:このソースファイルのモジュールは最新状態です。

[修正済み]:ソースファイルが変更されています。このソースファイルで作成されたプロジェクト内のモジュールを更新するには、[更新]を使用する必要があります。

[欠落]:このファイルからプロジェクトにモジュールを配置しましたが、ARCHICADがソースファイルを特定できません。モジュールの更新を有効にするには、まずソースファイルを特定する必要があります([再リンク]使用して、欠落したファイルの場所を指定します)。

[アクセス不可能]:ソースファイルは、古いチームワークファイル(ARCHICADバージョン13より前のチームワークファイル形式)、またはBIMcloudに配置されているARCHICAD 13以降のチームワークプロジェクトのいずれかです。ARCHICADのデモ版またはチームワーク以外の保護キーのいずれかを使用している場合は、このソースへのアクセス権はありません。

[旧式]:旧式のソースファイルは、ARCHICAD 12以前のバージョンで保存したソースファイルです。このモジュールを更新するには、最初に旧式ソースファイルをバージョン12で開いて再保存します。

旧式のホットリンクの移行方法については、「ホットリンクを含むプロジェクトの移行」を参照してください。

モジュールステータス

アイコン

標準

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/080-collaboration/080_Collaboration00115.jpg 

ネストされたXREFの表示

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/080-collaboration/NestedModuleIcon.png 

修正

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/080-collaboration/ModifiedModuleIcon.png 

更新

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/080-collaboration/UpdatedModuleIcon.png 

削除済

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/080-collaboration/DeletedModuleIcon.png 

モジュールを変更

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/080-collaboration/ChangedModuleIcon.png 

解除

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/080-collaboration/LinkBrokenIcon.png 

ソースファイルを再リンク

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/080-collaboration/ChangedModuleIcon00116.png 

ネストされたモジュールを無視

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/080-collaboration/SkipNestedIcon.png 

欠落

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/080-collaboration/MissingModuleIcon.png