全ての要素とデータを確保(チームワーク)

注記:ARCHICAD 22 レギュラー版のみ

[全てを確保]コマンドを実行すると、現在開いているチームワークプロジェクト内の既存の全ての要素とプロジェクトデータの確保が試行されます。

この機能は、一定の期間、プロジェクトに参加するユーザーが他にいない場合に便利です。

[全てを確保]コマンドは、以下の場所から使用できます。

[チームワーク]メニュー

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/080-collaboration/ReserveAllMenu.png 

チームワークパレットの[確保]ポップアップ

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/080-collaboration/ReserveAllPalette.png 

[全てを確保]が競合状態になった場合、[最後の確保結果]ダイアログボックスが表示されます。

確保結果(チームワーク)」も参照してください。