個別のビューおよびビュー一覧フォルダを確保

注記:ARCHICAD 22 レギュラー版のみ

チームワークプロジェクトには、パブリックビューとプライベートビューという2つのビュー一覧モードが存在します。共有ビューはパブリックビュー一覧に存在する必要があります。ビュー一覧モードを切り替えるには、ナビゲータパレットのビュー一覧の上部にあるポップアップを使用します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/080-collaboration/MyViews.png 

詳細は、「プライベートビュー」を参照してください。

ビューを確保

ビューを確保するということは、次の権利を確保するということです。

ビュー設定を修正

ビューを削除

[ビュー一覧]階層においてビューを移動

注記:ビューを移動するには、ビューのソースフォルダおよびそのターゲットフォルダも確保する必要があります。

ナビゲータでのビューとレイアウトの移動:確保条件(チームワーク)」を参照してください。

[パブリックビュー]では、[ナビゲータ]のコンテキストメニューを使用して必要なビューを確保します。ビューを右クリックして[ビュー設定を確保]を選択してください。またはビューを選択し、[ビュー一覧]の下部で[確保]をクリックします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/080-collaboration/key00108.png   必要なアクセス権:

ビューとフォルダ-削除/修正

使用可能な全てのビューを確保

ビュー一覧で使用可能な全てのビューを確保するか、そのフォルダの1つを確保するには、ビュー一覧フォルダを右クリックしてから[全ての使用可能サブビュー設定およびフォルダを確保]を選択します。

選択したフォルダ自体も使用可能である場合、コマンドは[全ての使用可能サブビュー設定およびフォルダと一緒にフォルダを確保]になります(選択したフォルダおよびそれに含まれる使用可能な項目が全て確保されます)。

使用可能な項目は、他のユーザーが現在確保していない項目です。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/080-collaboration/ReserveFreeViews.png 

クローンフォルダを確保

クローンフォルダを確保するには、そのクローンフォルダを選択してコンテキストメニューから[クローン設定を確保]を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/080-collaboration/ReserveCloneSettings.png 

クローンフォルダを確保すると、クローンフォルダの設定を変更できるようになります(その結果、クローンフォルダに追加した新しいビューではこの設定が採用されます)。

ビュー一覧でのフォルダのクローンの作成」を参照してください。

しかし、クローンフォルダ設定の変更は、すでに確保しているクローンフォルダのビューのみに影響します。他のユーザーが所有するクローンビューの設定は、クローンフォルダの設定を変更しても変更されません。

注記:クローンフォルダの設定を変更したが、そのクローンフォルダの全てのビューをまだ確保していない場合は、その趣旨の通知を受けます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/080-collaboration/CloneSettingsWarning.png 

プライベートビュー

ナビゲータパレットのビュー一覧では、パブリックビュー一覧に加えて、ローカルの「プライベートビュー」モードを使用できます。「プライベートビュー」のビューは自分のみ表示およびアクセスでき、共有されません。また、[送信]コマンドでBIMcloudに送信することはできません。

「プライベートビュー」を使用するには、ナビゲータパレットのビュー一覧の上部にあるポップアップから[プライベートビュー]をクリックします。

プライベートビューにビューを追加するには、ナビゲータパレットのビュー一覧がプライベートビューモードになっていることを確認します。新しいビューを作成するたびに、新しいビューはプライベートビューに配置されます。

または、あるサイドではパブリックビューでオーガナイザを設定して、別のサイドではプライベートビューを設定し、必要に応じてあるサイドから別のサイドにビューをコピーします。