要素の所有に関するフィードバック(チームワーク)

注記:ARCHICAD 22 レギュラー版のみ

次の機能は、ユーザーが確保したデータ/要素についての概要情報を表示します。

情報タグ

作業領域カラー

ナビゲータアイコン

作業領域を調査(チームワーク)

情報タグ

チームワークでは、自分に属す要素の情報タグに「編集可能」と表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/080-collaboration/FeedbackInfoTag.png 

別のユーザーが要素を所有している場合、情報タグには「[所有者名]によって確保済み」と表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/080-collaboration/ReservedBy.png 

確保されていた要素が解放されると、情報タグには「未確保」になったことが表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/080-collaboration/FreetoReserve.png 

作業領域カラー

[チームワークパレット]の[作業領域カラー]機能では、確保済み要素に関するフィードバックが示されます。この機能は、3Dウィンドウ、2Dウィンドウ、および一覧表で使用できます。

[チームワークパレット]の[作業領域カラー]ポップアップコントロール([ウィンドウ]→[パレット]→[チームワーク])からいずれかのオプションを選択し、プロジェクト要素の確保ステータスを簡単に識別できます。

作業領域カラーでカラーを定義」も参照してください。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/080-collaboration/ColoredWorkspaceOptions.png 

一覧表ウィンドウのカラーによるフィードバック」も参照してください。

1.自分の確保のハイライト

ここでは、[作業領域カラー]オプションが[自分の確保のハイライト]に設定されています。自分の要素は強調表示カラーで表示され、その他全ての要素はグレーアウトカラーで表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/080-collaboration/HighlightMine.png 

[作業領域カラー]機能のその他のオプションは次のとおりです。

2.[全て元のカラー]:デフォルトオプションであり、基本的に確保固有の色は使用されません。

3.[未所有の作業領域のグレーアウト]:自分のものではないものが全てグレーアウトカラーで表示されます(自分の項目は元のカラーで表示されます)。

4.[ユーザーによる確保の表示]: 各ユーザーの要素はデフォルトのユーザーカラーで表示されます。これはサーバー管理者がユーザー設定で定義します。

詳細は、『BIMcloudユーザーガイド』を参照してください。

所有されていない全ての要素は自由要素カラーで表示されます。

5.[所有要素/自由要素/他人の作業領域]:自分の要素は自分の色で、自由要素は自由要素カラーで、他のユーザーの作業領域はグレーアウトカラーで表示されます。

6.[要求自分による/自分からの/他の要素]:自身による要求および自身からの要求はそれぞれの色で表示され、その他の要素はグレーアウトカラーで表示されます。

作業領域カラーでカラーを定義

選択した作業領域カラーのバリエーションに応じて、次のカラーのうち1つ以上を使用できます。

ハイライト

グレーアウト

自由要素

要求した要素

要求された要素

このカラーは、[オプション]→[作業環境]→[画面オプション]の[作業領域カラー]セクションで定義します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/080-collaboration/WorkspaceColors.png 

ユーザーカラーをローカルで再定義

ユーザーカラーは次の用途で利用できます。

チームワークパレットでプロジェクトのユーザーを相互に区別する場合

[ユーザーによる確保の表示]オプションを使用するときに、作業領域をカラーで区別する場合

作業領域カラー」を参照してください。

例えば、太郎という名前のユーザーのデフォルトカラーが青の場合、チームワークパレットでは全てのユーザーに対して太郎は青色で表示され、[ユーザーによる確保の表示]の使用時には太郎の確保は青で表示されます。

デフォルトのユーザーカラーはユーザー設定で割り当てられており、どのユーザーでも自分のデフォルトカラーをユーザー設定で変更できます。

詳細は、『BIMcloudユーザーガイド』を参照してください。

また、どのユーザーでもローカルでの使用目的でARCHICADのユーザーカラーを指定変更できます(変更したカラーは自分のモニターにしか表示されません)。ユーザーカラーを変更するには、チームワークパレットでユーザー名を選択し、カラーアイコンをクリックしてカラー選択パレットを開きます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/080-collaboration/SetUserColor.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/080-collaboration/SetUserColorPalette.png

プロジェクトのコピーでユーザーカラーを変更すると、チームワークパレットのカラーブロックの隅が欠けて表示されます。これは、このカラーがグローバルのデフォルトカラーではないことを示します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/080-collaboration/ChangeUserColor.png 

ナビゲータアイコン

チームワークプロジェクトでは、ナビゲータ項目の横に表示される緑の点により、その項目を自分が確保していることが示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/080-collaboration/NavigatorReserve.png 

[ナビゲータ](パレットのみ)の下部の[チームワークステータス]パネルでは、選択項目が次の状態になっているかどうかも示されます。

編集可能(必要なくなった場合は[解放]をクリック)

未確保(必要な場合は[確保]をクリック)

確保済(要求するには[要求]をクリック)

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/080-collaboration/ReservedNavigator.png 

サーバーに送信していない、新しく作成した項目は、[ナビゲータ]で緑色で表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/080-collaboration/UnsentGreenData.png