チームワーク

注記:ARCHICAD 22 レギュラー版のみ

チームワークはクライアント/サーバーアーキテクチャをベースにしており、最大限のフレキシビリティ、速度、およびデータ保護が確保されるようデザインされているので、チームが世界中に展開されている場合でも、大規模なプロジェクトに共同して取り組むことができます。

以降のセクションでは、ARCHICADのチームワークに関連する機能について説明します。

このセクションのトピック

チームワーク機能の概要

GRAPHISOFT BIMcloud:機能と長所

チームワークの準備と設定

ARCHICADでチームワークプロジェクトを共有

ネットワーク診断情報

チームワークプロジェクトの参加または退出 

チームワークプロジェクト開く/参加

チームワークプロジェクトを閉じる

チームワークプロジェクトのローカルコピーを保存

チームワークでの変更内容の送受信

ローカルチームワークデータを管理

チームワークのオンライン/オフラインでの作業

チームワークプロジェクトへのリモートアクセス

チームワークインターフェイス

チームワークで要素を確保

チームワークプロジェクトデータ(要素以外)を確保

全ての要素とデータを確保(チームワーク)

作業領域を調査(チームワーク)

プロジェクトデータの作成と送信(チームワーク)

要素を割り当て(チームワーク)

要素とプロジェクトデータを要求(チームワーク)

要素とプロジェクトデータを解放(チームワーク)

メッセージ(チームワーク)

コメントをアクティビティに追加(チームワーク)

チームワークのライブラリ

チームワークプロジェクトにリンクした外部ファイル

問題のあるファイルのトラブルシューティング

サブトピック