建築エネルギーモデルビュー

エネルギー評価機能のエネルギーモデル再検討は、表示要素にのみ機能します。したがって、エネルギーモデル専用のARCHICADビューを定義する必要があります。レイヤー表示を使用して、必要なビューを生成します。ゾーンが表示されていることを確認してください。

注記:エネルギーモデル再検討では、矩形選択を使用しても建築物要素はフィルタされません。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/100-energyevaluation/BIM_with_zones_view.png 

建築エネルギーモデルビューには、エネルギー評価の対象とする建築物の全ての部分(内部空間ゾーン、建築物の外郭構造の要素、大きな熱容量を持つ内部構造、敷地のメッシュ)を表示し、対象外の部分(家具、建築物の調整済み空間以外のゾーン、複合構造を表す個別の平行なARCHICAD要素)は非表示にする必要があります。