[3D要素をフィルタ/切断]ダイアログボックス

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/appendix-settings/FilterCutElements.png 

このダイアログボックスには、以下の方法でアクセスします。

[表示]→[3Dで表示する要素]→[3Dで要素をフィルタ/切断]

ビュー設定([3Dのみ]パネル)

このダイアログボックスを開くための3Dビジュアリゼーションツールバーのボタン。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/appendix-settings/3DFilter.png 

3Dドキュメントのフィルタ基準を定義するための[3Dドキュメント設定]。

注記:シェーディングモードでソリッドボディとして 3D ゾーンを表示し、他の全ての要素タイプをワイヤフレームモードで表示することも可能です。このエフェクト(効果)(前のARCHICADバージョンのデフォルトの設定)を実現するには、あらかじめ定義されている「3Dゾーン」レイヤーセットを適用します。

3Dドキュメント設定」を参照してください。

[3D表示するフロア]:3Dウィンドウで表示するプロジェクトのフロアを定義します。

[無限]:全ての要素を表示します。

[有限]:連続するフロアの範囲を指定します(開始フロア/終了フロア)。

[フロア範囲で要素を切り取り]:このボックスをチェックすると、フロア範囲の境界でモデルが切り取られます。このボックスをオフにすると、一部でもフロア範囲内にある要素は全て表示されます。

[矩形選択]:モデル生成の前に矩形選択ツールで矩形領域を選択した場合、プロジェクトのどの部分を3Dウィンドウで表示するかを、以下のオプションで設定できます。

[矩形選択内]:矩形選択内にある要素が表示されます。

[矩形選択外]:矩形選択外にある要素が表示されます。例えば、建物の 3D モデルの外観だけが必要な場合には、このオプションを選択して、家の中の要素を表示から除外できます。矩形選択ツールは、現在のフロアだけでなく、複数のフロアに適用できます。

平面図で矩形選択領域がある場合、[3Dで要素をフィルタ]ダイアログボックスの設定が表示されますが、3Dウィンドウのタイトルには、[矩形選択]と含まれるフロアの範囲が表示されます。

[切断面表示]:このコントロールを使用して、3D切断の内部表面と辺用の材質とペンを定義します。

[要素の属性を使用]:このボタンをクリックすると、3D断面で切断された要素の辺と表面を強調表示するのに、既存のカスタム材質とペンカラー/ペンの太さが使用されます。組み立て要素の切断面に、それぞれの設定ダイアログボックスで定義した切断されていない辺と同じカラーおよび材質が設定されます。

[カスタム]:このボタンをクリックすると、3D断面で切断された要素の辺と表面を強調表示するための、カスタム材質とペンカラー/ペンの太さを選択できます。

材質のポップアップパレット:このポップアップパレットをクリックし、ソリッド要素の露出内部表面用のカスタム材質を選択します。

ライブラリ部品の切断面は、そのライブラリ部品に設定されている材質で塗りつぶされます。ライブラリ部品内に材質の記述がある場合は、スクリプトで最初に指定されている材質が切断面の材質になります。 3D切断面の機能では、複合壁を構成する各種レイヤーは表示されません。作業図面で必要とされる場合などに、複合構造状態が表示された切断面を作成するには、断面/立面/展開図ツールを使用します。

[3D表示する要素]チェックボックスにより、組み立て要素の 3D ウィンドウ表示をオンまたはオフにできます。窓とドアが選択されていないと、開口は単純開口として解釈されます。[全てのタイプ]ボックスをチェックして、全ての要素タイプを選択できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/appendix-settings/AllTypesIn3D.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/appendix-settings/NoWalls3D.png   //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/appendix-settings/NoOpenings3D.png