[塗りつぶしの設定]ダイアログボックス

[オプション]→[属性設定]→[塗りつぶし種類]ダイアログボックスから、塗りつぶしの種類の定義や編集、および各塗りつぶしのカテゴリ(作図塗りつぶし、切断塗りつぶし、表面塗りつぶし)を決定します。

塗りつぶしの詳細については、「塗りつぶし」を参照してください。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/appendix-settings/FillTypes.png 

ダイアログボックスの一番上にあるポップアップリストから事前定義されている塗りつぶしを選択します。プロパティを直接編集するか、以下のコマンドのいずれかを選択します。

[新規作成]:このボタンをクリックすると、新しい塗りつぶし種類を作成できます。表示されるダイアログボックスでは、以下のオプションのいずれかを選択できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/appendix-settings/AddNewFill.png 

[無地塗りつぶし]:無地塗りつぶしが表示されるのは、前景だけです。無地塗りつぶしに、不透明の値をパーセントで設定できます。

[シンボル塗りつぶし]:2D図面要素のテンプレートとしてカスタマイズされた図形をARCHICADウィンドウからコピーし、それに基づいて塗りつぶし種類を作成する場合は、このオプションを使用します。

[画像塗りつぶし]:インポートした画像に基づいて作図タイプの塗りつぶしを作成する場合は、このオプションを使用します。

[複製]:選択した塗りつぶし種類を新しい名前で複製し、そのプロパティを編集して新しい塗りつぶし種類を作成する場合は、このオプションを使用します。

[名前を変更]:既存の塗りつぶし種類の名前を変更する場合は、このボタンをクリックします。

[削除]:このボタンをクリックすると、選択した塗りつぶしタイプがプロジェクトから削除されます。

注記:これにより、属性の欠落が生じる可能性があります。モデルの属性の削除と置換」を参照してください。

関連トピック

使用状況と表示用パターン

塗りつぶしのベクトルパターンを編集パネル

塗りつぶし表示パネル

塗りつぶしのシンボルパターンを編集パネル

塗りつぶしテクスチャパネル