要素プロパティと分類システム

プロパティとは

プロパティとは、必要に応じて、要素に割り当てられるユーザー定義データであり、要素に検索可能な情報を追加できます。

要素プロパティの例:

一般的な等級(例:耐火性等級、熱貫流率)

開口部(例:非常口、セキュリティ等級)

製品情報(例:モデル、シリアル番号、価格)

要素プロパティは、モデル内の要素の動作には影響を与えません。

プロパティマネージャーを使用して([オプション]→[プロパティマネージャー])、プロパティの作成/削除および使用状況のカスタマイズを行うことができます。

プロパティを要素に割り当てるには、以下の2つの方法を使用します。

要素設定で分類/プロパティ値を割り当てる

要素一覧表で分類/プロパティを割り当てる

要素プロパティに対して実行できる操作

連動一覧表での一覧表示および管理

ラベル、ゾーンスタンプ、ドア/窓マーカーでの表示

プロパティ別の要素表示(表現の上書きを使用)

アプリケーション間でのインポートとエクスポート

データ構造をスプレッドシートにエクスポートして、そのスプレッドシートからARCHICAD要素にプロパティデータをインポートします。

分類とは

分類は、次の用途に使用します。

プロジェクト要素およびその関連データの整理

要素に使用できるプロパティの定義(要素の使用可能なプロパティは分類に準拠)

国際的な分類基準に基づく必須成果物の提供

他のアプリケーションとの正確なデータ交換(IFC標準の使用など)

分類別の要素の検索と選択:例えば、 UniClass分類システム内で傾斜として分類される全ての要素を検索できます。

要素分類に基づく表現の上書きルールの適用

分類マネージャー([オプション]→[分類マネージャー])を使用して、分類と分類システムを管理し、使用可能なプロパティをカスタマイズします。

ARCHICADにはデフォルトの分類システムが付属しますが、作業方法と地域の基準に応じて、別の分類システムを使用することや、分類システムを追加することが可能です。

以降のセクションでは、プロパティと分類の操作に関連するARCHICAD機能について説明します。

要素設定で分類/プロパティ値を割り当てる

要素一覧表で分類/プロパティを割り当てる

プロパティデータをラベルとマーカーで表示

プロパティマネージャー

分類マネージャー

スプレッドシートを使用したプロパティデータのインポート/エクスポート

BIMコンテンツをインポート