接続設定(トップレール、ハンドレール、レール)

各レールタイプ(トップレール、ハンドレール、標準のレール)に対して、これらの設定ページを使用してセグメント接続部分の形状を定義します。

接続するレールとは異なる材質を使用して、セグメント接続部分を表示できます([材質上書き]コントロールを使用)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/RailConnectionSettings.png 

レール接続タイプ

以下の3つの接続タイプのいずれかを使用して、指定したレールタイプをセグメント間で接続する方法を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/RailConnection3Types.png 

[切断]:隣接するセグメントのレールは接続されません。必要に応じて、それぞれにオフセット(正または負の値)を設定します。

[グースネック]:隣接するレールは、水平部分と垂直部分で構成されるグースネックを使用して接続されます。

右側の編集可能なフィールドでは、グースネックの各接続部分のオフセット値(正または負の値)および隅切り値を設定します。

プレビューには、編集中の部分が強調表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/RailConnectionTypes.png 

[直接接続]:隣接する2つのレールを延長して相互に接続します。右側の編集可能なフィールドでは、水平部分から湾曲する曲線部分のオフセット値(正または負の値)および隅切り値を設定します。

傾斜レール(接続と終端)

これらのオプションを使用して、傾斜レールと水平角が接触する水平セグメントを追加します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/SlopedRailing1.png 

追加するセグメントの長さと、必要に応じて隅切り値を入力します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/SlopedRailing2.png