屋根形状のグラフィック編集

選択した屋根の形状をグラフィカルに編集するには、以下の要素を編集します。

基準線

尾根線

屋根レベル分割線(屋根に複数のレベルがある場合)

輪郭線

基準線を編集するには、ペットパレットのポリゴン編集用コマンドを使用します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/EditRoofGeometry.png   //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/EditRoofGeometry2.png

3Dで表示すると、基準線の編集で屋根平面および隣接する平面の形状を必要に応じて調整できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/EditRoofGeometryBefore.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/EditRoofGeometry3D.png

以下で、ペットパレットの[ポリゴンに追加]編集コマンドを使用して、屋根に押出を追加します。その結果、屋根形状は修正され、各屋根平面が適宜調整されますが、屋根は単一要素のままです。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/AddExtrusion.png   //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/AddExtrusion2.png

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/AddExtrusion3D.png 

また、尾根線のいずれかの端点または尾根線沿いの部分を使用しても、屋根形状を修正できます。

屋根の尾根を編集する」を参照してください。

複合レベル屋根の場合は、選択したレベル線からペットパレットのコマンドを使用して、屋根レベルの垂直位置または形状を編集します。

屋根レベルを編集する」を参照してください。

修正した屋根の天窓は新しい屋根形状に合わせて調整され、天窓の条件設定(垂直または水平)に応じて平面に対する配置位置が維持されます。

屋根を基準とした天窓の条件」を参照してください。