ゾーンを別の要素に合わせてクロップする

[デザイン]→[屋根修正]→[ゾーンをクロップ]コマンドを使用すると、ゾーン空間を単一平面屋根、スラブ、梁に合わせてクロップすることができます。

要素(屋根、スラブ、壁、柱、梁、カーテンウォール、またはライブラリ部品)を選択し、それに合わせてゾーンをクロップする(要素がゾーン内にはみ出している場合)か、またはゾーンを選択してから、それに合わせてクロップする要素タイプを選択するかのいずれかを実行できます。

注記:ゾーン空間は交差する多層要素によって任意のフロアでクロップされます。

注記:[ゾーンをクロップ]コマンドは、単一平面屋根のクロップにのみ対応します。複合平面屋根を使用している場合は、代わりに連動切り取り機能を使用できます。

屋根/シェルで要素を切り取る」を参照してください。

単一平面屋根に合わせてゾーンをクロップする場合、チェックボックスで穴を無視するオプションを選択できます(つまり、ゾーン境界のために穴を屋根の一部として屋根に含めることができます)。

ゾーン空間の下または上のいずれをクロップするかを選択できます。対応するボックスをオンにして、ゾーンに合わせてクロップする要素を定義します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/TrimZone.png 

クロップは、ダイアログボックスの[クロップ]ボタンをクリックして実行します。

プロジェクトで屋根など 1 つのタイプのクロップ要素のみを選択した場合、全てのチェックボックスがグレー表示になります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/ZoneBeforeTrim.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/ZoneAfterTrim.png

ゾーン空間のクロップを元に戻すには、クロップしたゾーン空間を選択し、選択したゾーンのコンテキストメニューまたは[デザイン]→[屋根修正]で、[全てのクロップを元に戻す]コマンドを選択します。

注記:修正したゾーンを更新するときに、クロップを元に戻すこともできます。

詳細は、「ゾーンを更新する」を参照してください。