システム編集

システム編集を使用して、 1 つのダイアログボックスで、カーテンウォール要素全体を設定および編集できます。

カーテンウォールツールをダブルクリックして、[カーテンウォールのデフォルト設定]を開きます。または、編集するカーテンウォールを選択し、[選択したカーテンウォールの設定]を開きます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/CWSettings.png 

左側のツリー構造にリストされている項目をクリックし、カーテンウォールの設定に連動しているダイアログボックスページを開きます。

このダイアログボックスページを使用して、スキーム、フレーム、パネル、接合部、および付属品の各部材だけでなく、一般的なシステム(位置、表示)環境設定も定義します。

各オプションの詳細については、「カーテンウォールの設定」を参照してください。

注記:カーテンウォールを配置したら、編集モードを使用して、選択したカーテンウォールの部材を個別にカスタマイズできます。

カーテンウォールシステムの選択内容の設定を変更すると、選択されたカーテンウォールの対象となる部分が全て変更されます。例えば、マリオンフレームの材質を変更した場合、 [OK] をクリックしてダイアログボックスを閉じると、カーテンウォールの全てのマリオンフレームの材質が変更されます。ただし、カスタムフレームは、マリオンフレームの設定の変更に影響されません。

カーテンウォールシステムオプションの設定が終了したら、カーテンウォールツールの図形作成法を選んでカーテンウォールを配置します。

グリッドの編集」を参照してください。