グリッドの編集

選択したカーテンウォールグリッドまたは個別のグリッドラインを編集するには、カーテンウォール編集モードを使用します。以下の操作が行えます。

選択したグリッドラインを移動または削除

いずれかのグリッド方向の、全てのグリッドラインを回転

グリッド全体を回転または移動

注記:回転グリッドは、円柱ベースのカーテンウォールまたは連続カーテンウォールには使用できません。

新しいグリッドラインを追加

グリッド、または 1 本以上のグリッドラインを移動または回転させると、そのグリッドまたはグリッドラインに割り当てられているフレームもそれに伴って移動または回転します。

グリッドラインを削除すると、その上のフレームも削除されます。その結果作成された新しいフレームパターンに合わせて、パネルのサイズも変更されます。

編集モードでのグリッドの編集を行いやすくするために、スキームは必ず表示してください(その他の部材は、必要に応じて非表示にします)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/EditGrid1.png 

このセクションのトピック

グリッドパターンと位置を編集

グリッドラインを移動

グリッドを移動

平行グリッドラインを回転

グリッド全体を回転

グリッドラインを削除

新しいグリッドラインを追加

グリッドパターンと位置を編集

カーテンウォール編集モードでは、スキーム設定を編集してグリッドパターンをカスタマイズできます。カーテンウォールのスキーム設定を編集すると、スキームはシステム定義ではなく「カスタム」になります。

カーテンウォールの設定:[スキーム]ページ[グリッドパターンとプレビュー]パネル」を参照してください。

カーテンウォールのグリッドパターンを画面上で編集するには、カーテンウォール編集モードに入ります。

スキームの表示がオンになっていることを確認します(選択を行いやすくするために、フレーム、パネル、結合部、付属品の表示をオフにします)。

スキームを選択し、スキームツールをダブルクリックしてスキーム設定を開きます。

連続カーテンウォールには、分節と同じ数のスキームがあります。 1 つずつスキームを選択して、各スキームを個別にカスタマイズできます。

平面図での連続カーテンウォールの作成」も参照してください。

グリッドパターンや、グリッドパターンの原点を変更します。選択したスキームは、カスタムスキームになります。

[OK]をクリックして変更を適用します。

グリッドラインを移動

個々のグリッドラインを移動するには、三つ又カーソルでグリッドラインを選択します(任意の節点をクリックすると、スキーム全体が選択されます)。表示されたペットパレットから、[グリッドラインを移動]コマンドを選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/EditGrid2.png 

グリッドラインを新しい位置まで移動します(グリッドラインは、元の位置に対して平行なままです)。クリックして配置します。

グリッドを移動

グリッド全体を垂直に移動する場合は、グリッドラインまたはグリッド全体を選択し、ペットパレットの[グリッドを移動]コマンドを使用します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/EditGrid4.png 

スキーム設定で、グリッド原点を(カスタム原点と反対に)定義された点として設定した場合、グリッド原点はロックされ、グリッドは1方向にしか移動できません。

パターン配置」を参照してください。

平行グリッドラインを回転

1方向の全てのグリッドライン(全てのグリッドライン行など)を回転させるには、回転させるグリッドラインから1つを選択し、ペットパレットから[平行グリッドラインを回転]コマンドを選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/EditGrid5.png 

注記:曲線カーテンウォールまたは連続カーテンウォールの場合は、回転させることができるのは、行グリッドラインのみであり、列グリッドラインを回転させることはできません。

他の回転コマンドと同じように、回転ベクトルを描画するか、座標情報に回転角度を入力します。クリックすると、変換が終了します。

グリッド全体を回転

グリッド全体を回転させるには、グリッドラインを 1 本選択するか、グリッド全体を選択します。ペットパレットから[グリッドを回転]コマンドを選択します。

注記:[グリッドを回転]が使用できるのは、基準面が無限のカーテンウォールだけです(円柱ベースのカーテンウォールまたはリンクカーテンウォールには使用できません)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/EditGrid6.png 

他の回転コマンドと同じように、回転ベクトルを描画するか、座標情報に回転角度を入力します。クリックすると、変換が終了します。

グリッドラインを削除

カーテンウォール編集モードでは、グリッドラインを個別に削除できます。グリッドラインを選択して、[削除]をクリックします。

グリッド全体は削除できません。

新しいグリッドラインを追加

新しいグリッドラインを追加する場合は、スキームツールを有効にして、情報ボックスでグリッド入力方法を選択してください。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/EditGrid3.png 

グリッドラインを配置する場所をクリックします。クリックしたポイントの周囲でカーソルを移動させます。画面上で縦か横のグリッドラインをクリックして配置します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/PlaceGridline1.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/PlaceGridline2.png