カーテンウォール付属品

カーテンウォール付属品は、日陰、装飾線、ひさしなどの非耐力のオプション部材で、全てのフレームに対して接続できます。

付属品の配置

付属品をカーテンウォールに新規追加する

個別の付属品のカスタマイズ

付属品の配置

付属品はカーテンウォール編集モードで、付属品ツールを使って個別に配置できます(自動の付属品配置方法はありません)。付属品は、編集モードでカスタムプロパティを使用して設定できますが、カーテンウォールの設定からシステムレベルの付属品の設定を使用することもできます。

付属品はGDLオブジェクトを使用します。その形状および表示属性は全て、[付属品タイプ]タブページのパラメータリストにあるGDLパラメータで決定されます。

グリッドラインまたはフレームを移動すると、一緒に付属品も移動します。

付属品をカーテンウォールに新規追加する

1.3Dウィンドウからカーテンウォール編集モードを開始します。

2.付属品ツールを起動します。

3.情報ボックスを使用して付属品のタイプを定義し、クラスを設定して、新規に配置した付属品のプロパティがカーテンウォールの設定の対応するページに連動するか(システム)、連動しないか(カスタム)を決定します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/accessclass.png 

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/accessinpu01.png 

4.フレームまたはフレームの終点をクリックします。クリックした場所に最も近い終点が、付属品の始点になります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/accessinpu02.png 

5.カーソルを移動し、クリックして付属品の終点を決定します。

6.視点カーソルでクリックして、付属品の方向、つまりカーテンウォールの内側か外側かを決定します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/accessinpu05.png 

個別の付属品のカスタマイズ

付属品が編集モードで選択されている場合、以下の操作を行えます。

付属品の選択設定を開いて、設定を変更する

付属品を別のフレームに移動する(3D編集モードのみ)

付属品をカーテンウォールの反対側に反転させる(付属品ツールの設定または情報ボックスの[反転]ボタンを使用)

付属品を削除する

作業が行いやすいように表示を設定します。例えば、付属品、フレーム、スキーム以外の全ての表示をオフにします。