カーテンウォールパネル

パネルは、通常ガラス材質のカーテンウォールの平らな面です。パネルは、フレームとフレームの間および基準面に自動的に配置されます。カーテンウォールには、メインとサブという事前定義された2つのパネルクラスがあります。

カーテンウォール内の各パネルクラスの配置を定義するには、カーテンウォールの設定の[スキーム]ページを使用します。

カーテンウォールの設定:[スキーム]ページ」を参照してください。

パネルのメインおよびサブクラスのプロパティ(タイプ、材質、厚さ)は、カーテンウォールパネルの設定で定義します。

カーテンウォールの設定:[パネル]ページ(メイン、サブ)」を参照してください。

カーテンウォールパネルの大部分は、固定ガラス面となります。ただし、ドアや窓の開口部として機能するオブジェクトタイプのパネルを挿入できます。

カーテンウォールにドアまたは窓タイプのパネルを配置する」を参照してください。

パネルが編集モードで選択されている場合、以下の操作を行えます。

パネルの選択設定を開いて、設定を変更する

パネルを削除する

パラメータを編集する

関連トピック:

カーテンウォールにドアまたは窓タイプのパネルを配置する