3Dウィンドウでのカーテンウォール入力面の定義

3D ウィンドウでカーテンウォールツールが選択されていると、カーテンウォールの入力面を定義するオプションが情報ボックスに表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/3DInputPlanes.png 

デフォルト

3Dウィンドウのデフォルト入力面を使用します。この入力面は、3Dウィンドウの他のツールと同様にGLまたはユーザー原点です。

自由

次の自由方法を使用して、一連のクリックで入力面を定義します。

表面:任意の表面をクリックします。その表面の面が入力面になります。

辺と点:任意の辺をクリックして(三つ又カーソル)、線を定義します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/ClickEdge1.png 

画面に面が表示され、線を軸として回転します。次に、点をクリックして(矢印カーソル)、入力面を固定します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/ClickEdge2.png 

点と辺:これは、上記と正反対の方法です。点をクリックし、次に辺をクリックして入力面を定義します。

3点:任意の3点をクリックして、入力面を定義します。

水平

点をクリックし、その点に水平入力面を配置します。

垂直

点をクリックし、その点に垂直入力面を配置します。

法線

目的の面に対し垂直なベクトル(「法線」)を定義して、傾斜入力面を定義します。

1.2点をクリックして、入力面に対する法線ベクトルを定義するか、

辺をクリックして、入力面に対する法線ベクトルを定義します。

2.次に、入力面が通り通過する点をクリックします。

例は、「傾斜入力面からのカーテンウォールの押し出し」を参照してください。