3Dウィンドウでのカーテンウォール境界の描画

3Dウィンドウでは、デフォルトのカーテンウォール入力面は、現在の3D入力面と同じです。ただし、他の入力面を使用すれば簡単に入力できます。

詳細は、「3Dウィンドウでのカーテンウォール入力面の定義」を参照してください。

この例では、自由面入力を使用して、スラブに垂直な面を定義します。

1.カーテンウォールツールが有効になった状態で、情報ボックスから境界図形作成法と自由入力面法を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/CW7_1.png 

2.一連のクリックによって、入力面を定義します。

三つ又カーソル(辺に反応)でスラブの辺をクリックし、線を定義します。画面上で、ウィンドウに入力面が表示され、カーソルの動かすとクリックした線を軸に回転します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/CW7_2.png 

3.建物の上隅を矢印カーソルでクリックして、入力面の標準位置を定義します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/CW7_3.png 

4.クリックし、ポリラインの描画と同様に各節点をクリックしながら、入力面上にカーテンウォールの境界を描画します。

注記:最初に描画した境界分節が、カーテンウォールの基準線になります。

5.ダブルクリックするか、かなづちカーソルでクリックして、ポリゴンを閉じます。

6.太陽カーソルが表示されたら、ポリゴンの表面をクリックします。カーテンウォールの外側が、こちら向きになります。

3Dで結果を確認します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/CW7_4.png