曲線カーテンウォールの作成:図形作成法

曲線カーテンウォールは、平面図、断面/立面/展開図、または3Dウィンドウで作成できます。

曲線カーテンウォールの形状を定義する場合は、まず円柱ベース面を定義してから、カーテンウォールを配置する方向を指定します。

注記:曲線カーテンウォールは、常に規則正しい形状になります。円柱ベース面の軸は、作成した入力面に対して水平または垂直となりますが、後から任意の方向に傾斜できます。

円柱ベース面を持つ曲線カーテンウォールを作成するには、 4 つの図形作成法から選択します。これは、円や円弧壁の描画と同様の方法です。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/CWCurvedGeo.png 

1.中心点と半径:クリックして、中心点を配置します。2 回目のクリックで、カーテンウォールの半径と一方の端点を定義します。3回目のクリックで、壁のもう一方の端を定義します。

太陽カーソルをクリックして、カーテンウォールの「外側」を定義します。

[配置]をクリックして、ダイアログを閉じます。カーテンウォールが配置されます。

2.3点:連続する 3 回のクリックで、カーテンウォールの開始点、もう 1 つの点、端点を定義します。この3つの点を定義することで、基準円柱の半径と中心点も計算されます。

例は、「曲線カーテンウォールの平面図での作成」を参照してください。

3.接線:この図形作成法は、完全な円となるカーテンウォールを配置する場合に使用します。連続する3回のクリックで、カーテンウォール上の3つの点を定義します。この3つの点を定義することで、基準円柱の半径と中心点も計算されます。仮基準円が表示されます。

3 点接線法で、完全な円の可能性が複数ある場合は、目玉カーソルが表示されます。カーソルを移動させて可能性を確認し、必要な図形を選択してクリックします。

太陽カーソルをクリックして、カーテンウォールの「外側」を定義します。

完全な円のカーテンウォールが配置されます。

4.半径と軸:この図形作成法は、通常の円弧の形状をしたカーテンウォールを作成する場合に使用します。カーテンウォールは常に、入力面に半円柱の形状で配置されます。

最初の2回のクリックで、カーテンウォールの開始点と端点を定義します。

3回目のクリックで、円弧カーテンウォールの押し出しの長さを定義します。

例は、「3Dウィンドウでの半円柱カーテンウォールの作成」を参照してください。