平面図で単一カーテンウォールを作成

単一カーテンウォールを作成するには、カーテンウォールツールを起動して、情報ボックスから[ポリライン – 単一図形作成法]を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/CW1Tool.png 

注記:ポリライン図形作成法は、断面、立面、展開図ウィンドウでも使用できます。このウィンドウでは、「単一」方法を使用すると、カーテンウォールが切断面から垂直に押し出されます。

断面図ビュー内でのカーテンウォールの位置決め」を参照してください。

平面図で作業しているときに、必要に応じて建物の残りの側面に対してカーテンウォールを配置できます。

1.カーテンウォールの長さを表す基準線を描画します。

2.クリックして、基準線の入力を終了します。

3.太陽カーソルが表示されます。太陽カーソルでクリックすると、カーテンウォールの「外側」が定義されます。カーソルを建物の外側に移動して、クリックします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/CW1_1.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/CW1_2.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/CW1_3.png

4.表示される[カーテンウォールを配置]ダイアログで、カーテンウォールの高さと勾配(デフォルトは90度)を入力します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/CW1_4.png 

注記:[カーテンウォールを配置]ダイアログボックスの[位置決め]部分のアイコンから、3 つの方法でカーテンウォールの高さを定義できます。

詳細は、「[カーテンウォールを配置]ダイアログボックス:平面図と3Dウィンドウ」を参照してください。

5.[配置]をクリックします。3Dウィンドウで結果を確認します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/CW1_5.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/CW1_5_2.png

編集モードを使用してカーテンウォールの部材を個別に編集するには、カーテンウォールを選択して[編集]ボタンをクリックします

カーテンウォール編集モード」を参照してください。