平面図での連続カーテンウォールの作成

連続図形作成法を使用すると、連続ポリラインとして描画された基準線に基づいた、複数分節のカーテンウォールを作成できます。

連続カーテンウォールの分節ごとに、個別のパターンを持つ独立したスキームを設定できます。

フレームは常に、 2 つの隣接する分節が結合される場所に配置されます。このフレームは削除できません(必要であれば、編集モードでフレームを選択し、フレーム設定のタイプを調節して、タイプを不可視に設定できます)。

連続カーテンウォールには、分節と同じ数のスキームがあります。 1 つずつスキームを選択して、各スキームを個別にカスタマイズできます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/CustomScheme2.png 

連続カーテンウォールの例

この例では、連続カーテンウォールを、複雑なスラブの輪郭に沿って配置します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/CW3_1.png 

1.カーテンウォールツールを有効にして、情報ボックスから連続図形作成法を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/CW3Tool.png 

2.ポリラインの描画と同様のペットパレットコントロールを使用して、スラブの輪郭をなぞってカーテンウォールの基準線を作成します。線の入力を終了するには、ダブルクリックします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/CW3_2.png 

3.太陽カーソルをクリックして、カーテンウォールの「外側」を定義します。

4.[カーテンウォールを配置]ダイアログが表示されるので、カーテンウォールの高さを入力します。ここでは、6200 mmと入力します。

連続カーテンウォールの場合、勾配を設定できません。勾配は常に垂直となります。

注記:[カーテンウォールを配置]ダイアログボックスの[位置決め]部分のアイコンから、3 つの方法でカーテンウォールの高さを定義できます。

詳細は、「[カーテンウォールを配置]ダイアログボックス:平面図と3Dウィンドウ」を参照してください。

5.[配置]をクリックして、ダイアログを閉じます。カーテンウォールが配置されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/CW3_3.png 

結果:3分節の基準線に基づいた単一のカーテンウォールが作成されます。