カーテンウォールの作成

ARCHICAD では、カーテンウォールを直観的かつ自由に作成できます。使用する入力方法は、他のAchiCAD 機能と同様です。また、作業中のモデル表示や状況に合った最も簡単な方法を選択できるよう、幅広い図形作成方法が用意されています。

入力方法は、全てのウィンドウ(平面図、断面/立面/展開図、および 3D ウィンドウ)で共通です。入力線、ポリライン、または円弧を描画し、カーテンウォールを定義された距離まで押し出します。あるいは、カーテンウォール全体の境界を描画します。

カーテンウォールは、入力面上に、あるいは入力面を基準にして配置されます。

平面図では、入力面はフロア高度です。

断面/立面/展開図では、入力面は切断面です。

3D では、他の組み立て要素と同様、カーテンウォールのデフォルト入力面はGLまたはユーザー原点ですが、他の入力面を定義する方法もあります。

3Dウィンドウでのカーテンウォール入力面の定義」を参照してください。

このセクションのトピック

平面図で単一カーテンウォールを作成

傾斜カーテンウォールの作成

断面図ウィンドウでのカーテンウォール境界の描画

曲線カーテンウォールの作成:図形作成法

曲線カーテンウォールの平面図での作成

断面図ビュー内でのカーテンウォールの位置決め

平面図での連続カーテンウォールの作成

3Dウィンドウでのカーテンウォール入力面の定義

3Dウィンドウでの単一カーテンウォールの作成

3Dウィンドウでのカーテンウォール境界の描画

3Dウィンドウでの半円柱カーテンウォールの作成

傾斜入力面からのカーテンウォールの押し出し