カスタムライブラリ部品および構成要素の編集

ARCHICAD要素から保存したGDLオブジェクトを編集するには、スクリプトを編集する方法と元の要素を編集する方法の2つがあります。

スクリプトを編集する

ライブラリ部品を開いて編集する」を参照してください。

元の要素を編集する

保存した GDL ライブラリ部品の元の ARCHICAD 要素を編集してから、ライブラリ部品を再保存します(前のバージョンを上書き)。

元のARCHICAD要素を保持するには、次のいずれかの操作を実行します。

個別のレイヤーに配置してから、そのレイヤーを非表示にします

個別のPLNファイルに保存します

モジュール(.modファイル)として保存してエクスポートします

選択した要素をモジュールとして保存」を参照してください。