パラメトリックオブジェクト

ARCHICAD の他の要素に対してオブジェクトを配置すると、オブジェクトライブラリにある外部ファイルの要素を配置しています。ARCHICAD には、構成済みの編集可能オブジェクトを多数含む標準オブジェクトライブラリが付属しています (GDL オブジェクトまたはライブラリ部品とも呼びます)。主として、 ARCHICAD ツールを使用して、この標準ライブラリからオブジェクトを配置します。

オブジェクトはパラメトリックです。つまり、[オブジェクトの設定]ダイアログボックス、あるいはオブジェクトタイプツールに関連するダイアログボックスを使用して、オブジェクトのソースファイルを実際に変更することなく、配置済み要素を自由に構成できます。

ライブラリ部品要素の設定」および「オブジェクトツールの設定」を参照してください。

このセクションのトピック

パラメトリックオブジェクトについて

ARCHICADで使用するオブジェクトの保管場所

BIMコンポーネント

ライブラリ部品の検索

オブジェクトの配置

オブジェクトの2D表示と3D表示

配置済みオブジェクトの選択

オブジェクトのストレッチ

オブジェクト間のパラメータの移動

編集可能なホットスポットを使用したグラフィック編集

GDLオブジェクトサブタイプについて

パッチオブジェクトを作成する

カスタムライブラリ部品および構成要素のグラフィック作成

ライブラリ部品を開いて編集する

カスタムオブジェクトのスクリプト作成

GDLオブジェクトの作成に関する詳細なリソース