マーカータイプを変更する

全てのマーカー参照がマーカーツール由来の項目を指している間であれば、すでに配置されているマーカーの種類を変更できます。

リンクされたマーカーをソースマーカーに変更するには:

1.マーカーを選択します。

2.マーカーの設定ダイアログボックスを開き、[ソースマーカー]オプションを選択します。

リンクされたマーカーがソースマーカーとなり、元のソースマーカーがリンクされたマーカーとなります。

この機能は、以下のマーカーに対して使用できます。

現在のプロジェクト内のビューポイント/ビュー/図面にリンクされているマーカー。リンクされたマーカーは、リンク先の項目(断面図ビューポイントにリンクされた断面図マーカーなど)と同じツールを使用して配置しておく必要があります。

注記:ビューポイントの切断/モデル属性は、そのソースマーカーによって定義されます。リンクされたマーカーが断面図のソースになると、そのマーカーの切断/モデル属性がビューポイントに適用されます。

注記:リンクされた詳細図マーカーをソース詳細図マーカーに変更すると、ビューポイントの定義ポリゴンが変更され、新しいソース詳細図マーカーのポリゴンが反映されます。

同じ種類の個別ビューポイントにリンクされたマーカー。

個別ビューポイントが削除され、ソースビューポイントに置き換わります (元のリンクされたマーカーに境界がない場合、ソースはデフォルトの境界値を採用します)。

外部図面にリンクされたマーカーは、ソースマーカーには変更できません。

リンクされたマーカーをソースマーカーに変更するには:

1.マーカーを選択します。

2.マーカーの設定ダイアログボックスを開き、[リンクされたマーカー]オプションを選択します。

元のソースマーカーは、以前と同じ参照情報を含むリンクされたマーカーになります。