3D操作補助

[表示]→[3D 操作補助](または 3D ウィンドウコマンドを含むツールバー)を選択すると、 3Dビューの変更に役立つその他のコントロールを使用できます。このコントロールで、次の操作ができます。

パースの目標点をインタラクティブに設定する([目標面])

与えられている点に対して表示を垂直に切り替える([クリックした表面の垂直目標面])

傾斜角をすばやくゼロにリセットし、ナビゲーション中傾斜したビューを元に戻す([傾斜角をリセット])

単一のコマンドでモデルの水平ビューに戻す([水平ビュー])

[設定済みの投影を編集]および[現在の投影を追加]:このコマンドは、平行投影を表示している場合に使用できます。

[カメラをパスに配置](パース用)。このコマンドは、平面図で選択されているカメラがない場合に、現在のパースをプロジェクト一覧に追加します。平面図にすでにアニメーションパスを定義するカメラがある場合、図面上で視野が記されている現在のパスにある現在のカメラの後に新規のカメラが追加されます。

また、パースビューの場合は、カメラを選択した状態で、[表示]→[3D操作補助]から以下のコマンドを使用できます。

注記:このコマンドを使用してカメラの選択を変更すると、ナビゲータプロジェクト一覧の選択項目もそれに応じて変更されます。

[前のカメラへ]/[次のカメラへ]:このコマンドは、現在のパスの前あるいは/次のカメラのパースビューに移動し、カメラを選択するために使用します。

[選択したカメラを修正]: 3D ウィンドウで現在表示されているパースビューを反映するために、選択したカメラを更新します。これは、 3D ウィンドウでビューを変更した場合に使用します。

[選択したカメラにビューを戻す]:手動で行った全ての変更を破棄し、選択したカメラが映すように3Dモデルを表示します。

[選択したカメラの後に新規カメラを挿入]:新しいカメラをパスに追加して現在のパースビューを定義し、選択します。

関連トピック

3Dウィンドウでのナビゲーション

カメラ

設定済み投影