梁階段

これらの設定は、階段に梁タイプを選択した場合に使用できます。

構造タイプを選択する」を参照してください。

梁はGDL要素のため、ポップアップから梁として使用する構成要素を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_help/03-1-elements-virtual-building/BeamComponentChoose.png 

構成要素には、一般的な梁、断面形状の梁、ささら桁(下図を参照)などがあります。

詳細は、「階段と手摺りのカスタムサブ要素」を参照してください。

ささら桁を使用する(梁階段)

「ささら桁」構造は、[梁 – 階段]構成要素ポップアップリストから使用できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_help/03-1-elements-virtual-building/OpenStringerSettings.png 

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_help/03-1-elements-virtual-building/OpenStringer1.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_help/03-1-elements-virtual-building/OpenStringer2.png

形状を選択する

梁階段設定で、梁の形状(直線または段)を選択します。また、断面形状構成要素も使用できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_help/03-1-elements-virtual-building/BeamShape.png 

下部に、梁の厚さの値を入力します。プレビューウィンドウでフィードバックを確認してください。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_help/03-1-elements-virtual-building/BeamFlight3D.png 

梁階段:直線、段、断面形状

梁の構成要素設定

このタブページ付きのパネルを使用して、梁の構成要素を設定します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_help/03-1-elements-virtual-building/BeamComponentSettings.png 

梁の配置基準点

配置基準点は梁の上部です。[左上]、[中央上]、または[右上]を選択します。

重要:断面形状の梁では、デフォルトの配置基準点は断面形状原点です。正しく接続するために、断面形状原点が断面形状の上部に定義されていることを確認してください。あるいは、ポップアップからいずれかの「上部」オプションに配置基準点を設定します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_help/03-1-elements-virtual-building/BeamProfileOrigin.png 

断面形状階段梁:特殊オプション」も参照してください。

断面形状の定義については、「断面形状編集ウィンドウの断面形状原点」を参照してください。

梁数を設定する

このコントロール(梁の構成要素設定の[スタイルと寸法]ページ)を使用して、複数の梁(最大10個)を全ての階段の支持構造として追加できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_help/03-1-elements-virtual-building/BeamNumber.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_help/03-1-elements-virtual-building/BeamNumber3D.png

注記:

踊り場と階段の両方に対して、梁数を設定する必要があります(個別の設定ページを使用)。

必要に応じて、編集モードで階段または踊り場ごとの梁数をカスタマイズできます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_help/03-1-elements-virtual-building/BeamNumberFlight.png 

梁の属性および表示

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_help/03-1-elements-virtual-building/BeamComponentSettings2.png 

梁の構成要素に応じて、ビルディングマテリアルを設定することや、断面形状を選択することができます。必要に応じて、値を調整してください。

注記:

梁の属性は、階段と踊り場に対して個別に設定する必要があります。

[ビルディングマテリアルを統一]チェックボックスをオンにすると、リストに表示される梁構成要素(梁、終端プレート、補助支持材など)に単一のビルディングマテリアルを使用できます。

踏面プレート/終端プレートを梁に追加する

踊り場の梁に踏面プレートを追加する」も参照してください。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_help/03-1-elements-virtual-building/TreadPlate.png   //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_help/03-1-elements-virtual-building/TreadPlate3D.png

踏面プレートは踏面ポリゴンに合わせて調整されます

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_help/03-1-elements-virtual-building/EndPlatesDialog.png  //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_help/03-1-elements-virtual-building/EndPlates3D.png

上部と下部の終端プレート

補助支持材を梁に追加する

梁階段では、踏面を支持する構成要素を追加できます。

[補助支持材]タブページに移動して、[補助支持材]チェックボックスをオンにします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_help/03-1-elements-virtual-building/SecondarySupport.png 

ポップアップから目的の構成要素を選択して設定します。

「追加または削除」のポップアップを使用して、上部と下部の梁の支持材の数を設定できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_help/03-1-elements-virtual-building/SecondaryAddRemove.png 

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_help/03-1-elements-virtual-building/SecondarySupportOptions.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_help/03-1-elements-virtual-building/SecondaryBeam3D.png

梁階段の支持材(補助支持材)