モルフ面の結合による滑らかな編集効果:「ソフト」辺の使用

多くの場合、モルフ編集ではサブ要素(辺、頂点、または面)を選択して編集します。これにより、モルフの接続面が影響を受けます。

モルフの形状を変更すると、デフォルトで「ハード」辺により結合された接続面は、個々のユニットとして動作し、その形状を保持します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_help/03-1-elements-virtual-building/MorphStretchHard1.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_help/03-1-elements-virtual-building/MorphStretchHard2.png

ただし、接続面を滑らかに「変形」させる場合は、以降の編集時にユニットとして動作するように、個々の面を結合することができます。

これを行うには、(選択した辺の)辺の設定をハード(デフォルト)からソフトに変更します。最も簡単に行うには、辺を選択してから情報ボックスの[ソフト]アイコンをクリックします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_help/03-1-elements-virtual-building/MorphStretchSoft1.png 

「ソフト」辺により接続された面は、モルフ編集操作では単一面として動作し、全体的にスムージングアルゴリズムが適用されるため、編集効果が異なります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_help/03-1-elements-virtual-building/MorphStretchHard100069.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_help/03-1-elements-virtual-building/MorphStretchSoft2.png