オブジェクトのストレッチ

ドアや窓などのオブジェクトは、ホットスポットを使用してストレッチできます。

オブジェクトを選択してホットスポットを表示します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_help/03-1-elements-virtual-building/ObjectHotspots.png 

[ストレッチ]コマンド([編集]→[変形]→[ストレッチ])またはペットパレットの[頂点を移動]アイコンを使用して、頂点でオブジェクトを伸縮できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_help/03-1-elements-virtual-building/StretchObjectNode.png 

ストレッチの対象となるのはシンボルのAパラメータとBパラメータで、境界線ではありません。パラメトリックな2Dスクリプトを使用すると、シンボルサイズがAパラメータとBパラメータに一致しないオブジェクトを簡単に作成できます。そのようなシンボルを作成する場合は、必ず、サイズがA × Bの矩形の角にホットスポットを定義してください。このホットスポットによって、シンボルをストレッチできるようになります。

編集可能なホットスポットを使用したグラフィック編集」も参照してください。

基準点に合わせたドア/窓のストレッチ

ドアと窓をストレッチする場合、壁の外側の基準点が使用できます。ストレッチベクトルの端点は壁に対して垂直に、または直交するように投影され(制御ボックスでの設定に応じて異なります)、新しい開口部の辺が定義されます。

マウスの移動制御のカーソル投影モード」を参照してください。

これを利用すると、次の図に示すように、同じ室内または別の室内の要素を基準としてドアや窓を配置できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_help/03-1-elements-virtual-building/40_5.png 

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_help/03-1-elements-virtual-building/40_6.png