図面ウィンドウで線および塗りつぶしを整理する

いくつかのArchiCAD機能では、「線/円弧に分解された」要素が作成されます。モデルベースの詳細図、ワークシートおよび図面断面図では、モデル組み立て要素から2D要素(線、塗りつぶし)が作成されます。また、インポートしたDWG図面は、ArchiCAD では、線および塗りつぶしの大きな集合として2D形式で表示されます。
図面タイプのウィンドウで、最終出力前に表示を微調整したい場合もあります。しかし、線/円弧に分解した線および塗りつぶしには、編集を困難にする余分な要素(余分な辺、重なっているまたは余分な塗りつぶし)が含まれています。
編集作業を簡単にするには、まずウィンドウ内の選択した項目で線および塗りつぶしの整理機能を使用します。
[線の整理] と [塗りつぶしの整理] は別々の機能で、互いに独立して実行されます。要素を選択し、[線の整理] または [塗りつぶしの整理] コマンドのいずれかを実行します([編集] → [変形] → [線の整理]/[塗りつぶしの整理])。この2つのコマンドについて、以降で説明します。
線の整理
ウィンドウで、線の整理を行う線種の要素を2つ以上選択します。線種の要素は直線、ポリライン、円弧および円です。
注記:線の整理は、矢印なしの線種の要素には影響しません。
[線の整理]コマンド([編集]→[変形]→[線の整理])を実行すると、線の整理ウィザードが起動します。
このコマンドは、[要素を編集]ツールバーからも使用できます。
各画面の下にある[次へ]をクリックしてウィザードを1ページずつ進め、整理の過程として実行する全ての線の整理オプションのボックスをチェックします。
最後の画面で[整理]をクリックして[線の整理]を実行します。
線の整理の後、レポートが表示され、整理された線類ごとに削除または結合された要素の数(存在する場合)が一覧表示されます。
このページの一番下にあるチェックボックスで、次にこのコマンドを実行するときに、(ウィザードではなく)簡略化した[線の整理設定]を使用するように選択できます。
[線の整理設定]内の各オプションはウィザードと同じですが、1つのダイアログボックスで全てのオプションにアクセスできます。
塗りつぶしの整理
現在のウィンドウで、塗りつぶしの整理を行う塗りつぶしを2つ以上選択します。
[塗りつぶしの整理]コマンド([編集]→[変形]→[塗りつぶしの整理])を実行すると、[塗りつぶしの整理設定]が開きます。