線の整理設定

このダイアログボックスを表示させるには、まず線タイプの要素を 2 つ以上選択します。[編集] →[変形]→[線の整理]コマンドを使用します。
初めてこのコマンドを実行するときは、線種の整理ウィザードを起動します。
このウィザードでは、整理オプションが1つずつ提示されます。線の整理の各オプションが前のオプションに基づいて構築されていることに注目してください。ウィザードに表示される順序で整理が行われます。
[重複を削除]:重複した線とは、属性および位置が同一の線です。1本の線を残し、残りは削除されます。
[ポリラインを図面要素に分解]:ポリラインが複数の線に分解されます。
線属性の結合設定
以下の属性のいずれかまたは全てをチェックします。
レイヤー
ペン
カテゴリ
ここで属性をチェックすると、その属性は、接続しているまたは重なり合った線を結合する場合には考慮されません。
例えば、[ペン]をチェックすると、線が同じペンを使用していなくても(例えば、一方の線が青で他方の線が赤)、重なり合っているか接続している線は結合されます。
このダイアログボックスでチェックした各属性の[レイヤー]/[ペン]/[カテゴリ]コントロールが有効化されます。これにより、結合した線にレイヤー/ペン/カテゴリが割り当てられます。
例えば、[ペン]をチェックすると、元の赤と青の線を結合した新しい線を、結合後、赤、青、またはその他の色のどれにするかを決定する必要があります。
[接続線を結合]:これをチェックすると、接続し同じ線種で同一線上の線が、単一の線に結合されます。
[重複線を結合]:一部重複した同じ線種の線が、単一の線に結合されます。
結合設定
2 つの[結合]オプション[接続線を結合]/[重複線を結合]の一方または両方を選択した場合、次の画面を使用して、結合処理によって作成される線の属性を定義します。
(ウィザードではなく単一ページの[線の整理設定]を使用している場合、[結合設定]をクリックしてこのオプションにアクセスします。)
[実線に強制]:このオプションは、複数の線が互いに重なる場合や、他の線に完全に重なる実線がある場合に便利です。このボックスをチェックすると、1本の実線を残して、他の線が削除が削除されます。
[重複線を調整]:このオプションは、異なる線種の線が 2 本以上部分的に重なり合う場合に適用されます。このボックスをチェックすると、重なり合った部分では、(表示順序の定義に従って)一番上の線だけが残されます。
[整理]をクリックすると、線の整理が実行され、結果の概要が表示されます。
ウィザードの最後の画面で、[次回から簡易設定ダイアログを表示する]をチェックします。これにより、次回[編集]→[変形]→[線の整理]コマンドを使用する際に、簡素化された設定ダイアログボックスを表示できます。