BIMxモデルをiOSデバイスに転送する方法

by GRAPHISOFT · 最終更新日: 2016年6月21日

BIMxモデルをGRAPHISOFTのBIMxモデル転送サイトで共有

GRAPHISOFTのクラウドサービスを利用して、BIMxモデルをアップロード、共有し、クライアントやAECワークフローの他の関係者に配布します。3DのみとHyper-modelのどちらの形式でも、BIMxおよびBIMx PROのiOSアプリで共有、ダウンロード、開くことができます。BIMx Hyper-modelをGRAPHISOFTのBIMxモデル転送サイトにアップロードすると、モデル共有ライセンスオプションを使用して顧客と共有できます。

bimx--bimxdocslogo

BIMx Hyper-modelをアップロード

/! ライセンスによっては、 モデルをパブリックにしかアップロードできない場合があります(完全、教育版、体験版ユーザー) 。5GBの独自のストレージ領域へのプライベートアップロード機能は、有効なSSA(ソフトウェアサービス契約)サブスクリプションを持つユーザーのみ利用できます。


代わりのファイル共有機能

GRAPHISOFTのBIMxモデル転送サイト上のプライベートアップロード領域を使用する権利がない場合、または別のクラウドソリューションを利用してBIMxモデルを配布する場合は、最初にモデルをローカルマシンに保存します。これは、発行機能と[ファイル]→[名前を付けて保存]メニューのどちらでも行うことができます。

デスクトップマシンからiOSデバイスへファイルを移動するにはさまざまな方法があります。ファイルをクラウドストレージソリューションにアップロードする、iTunesまたはAirDropを使用して直接iPad/iPhoneに移動する、メールで送信する、通常のウェブサイト/ftpリンクで共有するなどの方法があります。以下では、各転送方法について詳しく説明します。

クラウドストレージからモデルをダウンロードする

GRAPHISOFTはBIMxおよびBIMx PRO iOSアプリをAppleの ドキュメントピッカーと統合し、サードパーティのクラウドストレージ領域からBIMxファイルを直接ダウンロードして開けるようにしました。BIMxモデルをARCHICADからDropbox/Google Driveフォルダに発行してください。iOSデバイスでクラウドストレージプロバイダのアプリをお持ちの場合、BIMxで[その他]メニューオプションからそれを有効にすることができます(下図を参照)。 ストレージのアイコンをタップすると、BIMxアプリから移動せずにBIMxモデルを検索してダウンロードできます。現時点では、iCloud Drive、Google Drive、Box、およびDropboxでドキュメントピッカー機能がサポートされています。

iOS document picker

{i} 注記:ドキュメントピッカーはiOS 8.2以降で使用できます。特定のストレージプロバイダは、BIMxで適切に動作しない場合でも、[その他]メニューで選択できる場合があります。これらのアプリの互換性は相手側で開発する必要があり、BIMxで有効にすることはできません。

AirDrop経由で送信する

AirDropは、近くにあるAppleデバイス間でワイヤレスにファイルを移動する簡単な方法です。これはBIMxファイルでも他のファイルと同様に機能します。近くにあるデバイスを検索し、FinderでBIMxファイルを送信先のiOSデバイスに単純にドラッグアンドドロップします。

 Airdrop BIMx file to iPad 3

ファイルが送信されると、ファイルがダウンロードされてBIMxアプリケーションに自動的にインポートされるというメッセージがiPhone/iPadに表示されます。

{i} 注記:このオプションは比較的小さいBIMxファイルで最適に機能し、大きいBIMx Hyper-modelでは転送速度と信頼性が低下する可能性があります。

iTunes経由でアップロードする

iTunesはインストールされたアプリケーションのファイル管理をサポートします。BIMxモデルをモバイルデバイスに転送するには、以下の手順に従います。

  • iOSデバイス(iPhone、iPod Touch、iPad)をコンピュータに接続し、iTunesを開きます。
  • iTunesの左列でデバイスをクリックします。
  • メニューで[アプリ]を選択し、下にスクロールして[ファイル共有]を表示します。
  • [BIMx]を選択します。
  • [追加…]および[保存先…]ボタンを使用してモデルを.bimx形式で追加および削除できます(ドラッグアンドドロップも使用できます。Macでモデルを削除するにはBackspaceキーを使用し、WindowsではDeleteキーを使用します)。

upload bimx files through iTunes

メール添付として送信する

モデルを単純なメール添付として送信することもできますが、小さいサイズのモデルでも10MBを超える可能性があることに注意してください。メールプロバイダの多くはこのようなサイズの大きい添付ファイルをサポートしていません。そのため、受信者のメールボックスが、添付するモデルのサイズに対応できることを確認する必要があります(例えば、Gmailがサポートする添付ファイルのサイズは最大25MBです)。

  • モデルをメールメッセージに添付します。
  • iOSデバイスでメールを開きます。
  • 添付ファイルをタップします。
  • ダウンロード後、それをBIMxで開けるようになります。

open bimx file from mail

 

ファイルを共有する

.bimxファイルを各種方法で共有できます。従来のFTPプロトコルの他に、WebDavなどのファイルストレージ、クラウドベースのストレージ(Amazon)または単純なネットワーク共有(afp、smb)などを使用できます。デフォルトでは、これらの接続はオペレーティングシステムレベルでサポートされていませんが、iOS App Storeで入手できるアプリケーションを利用すると、使用できるようになります。(iFiles、FileBrowser)当然ながら、前述のDropboxもこの部類に属します。