BIMxモデルをAndroidデバイスに転送する方法

by Tatsuro Kawai · 最終更新日: 2016年8月2日

BIMxモデルをGRAPHISOFTのBIMxモデル転送サイトで共有

GRAPHISOFTのクラウドサービスを利用して、BIMxモデルをアップロード、共有し、クライアントやAECワークフローの他の関係者に配布します。3DのみとHyper-modelのどちらの形式でも、Android BIMxアプリで共有、ダウンロード、開くことができます。BIMx Hyper-modelをGRAPHISOFTのBIMxモデル転送サイトにアップロードすると、モデル共有ライセンスオプションを使用して顧客と共有できます。

bimx--bimxdocslogo

BIMx Hyper-modelをアップロード

/! ライセンスによっては、 モデルをパブリックにしかアップロードできない場合があります(完全、教育版、体験版ユーザー) 。5GBの独自のストレージ領域へのプライベートアップロード機能は、有効なSSA(ソフトウェアサービス契約)サブスクリプションを持つユーザーのみ利用できます。


代わりのファイル共有機能

GRAPHISOFTのBIMxモデル転送サイト上のプライベートアップロード領域を使用する権利がない場合、または別のクラウドソリューションを利用してBIMxモデルを配布する場合は、最初にモデルをローカルマシンに保存します。これは、発行機能と[ファイル]→[名前を付けて保存]メニューのどちらでも行うことができます。

デスクトップマシンからAndroidデバイスへファイルを移動するにはさまざまな方法があります。ファイルをクラウドストレージソリューションにアップロードする、ケーブルまたはWi-Fi経由で直接デバイスに移動する、メールで送信する、通常のウェブサイト/ftpリンクで共有するなどの方法があります。以下では、各転送方法について詳しく説明します。

クラウドストレージからモデルをダウンロードする

GRAPHISOFTはBIMxアプリをAndroidの ドキュメントピッカーと統合し、サードパーティのクラウドストレージ領域からBIMxファイルを直接ダウンロードして開けるようにしました。BIMxモデルをARCHICADからDropbox/Google Driveフォルダに発行してください。Androidデバイスにクラウドストレージプロバイダのアプリをお持ちの場合、BIMxから簡単にそれにアクセスできます。ストレージのアイコンをタップすると、BIMxアプリから移動せずにBIMxモデルを検索してダウンロードできます。


データケーブルまたはWi-Fi経由で接続する

Androidを実行しているデバイスは、コンピュータに直接接続できます。Androidデバイスとコンピュータ間をケーブルでつなぐかWi-Fi接続します。
.bimxファイルはBIMx Documentsフォルダに格納することをお勧めします。このフォルダは、BIMxアプリの最初の起動時に自動的に作成されます。
デバイスに格納されたモデルは、データケーブルを取り外した後、BIMxアプリのモデルリストに追加されます。

alt text

アップロード

  • コンピュータインターフェイスを使用して、格納されたBIMxファイルを2つのプラットフォーム間で移動します。終了すると、ファイルがAndroidデバイスにも表示されるようになります。

alt text

管理

  • 一部のファイルマネージャでは、ファイル形式と関連するアプリケーションを対応付けることもできます。例えば、X-ploreアプリでは、.bimxファイルをBIMxアプリケーションで開くことができます。

ヒント: BIMxモデルのリストで選択したモデルを指で押したまま下げると、モデルをデバイスから削除できます。


メール添付として送信する

モデルを単純なメール添付として送信することもできますが、小さいサイズのモデルでも10MBを超える可能性があることに注意してください。メールプロバイダの多くはこのようなサイズの大きい添付ファイルをサポートしていません。そのため、受信者のメールボックスが、添付するモデルのサイズに対応できることを確認する必要があります(例えば、Gmailがサポートする添付ファイルのサイズは最大25MBです)。

alt text

アップロード

  • モデルをメールメッセージに添付します。

alt text

ダウンロード

  • Androidデバイスでメールを開きます。
  • 添付ファイルをタップし、ダウンロードして保存します。
  • 保存したファイルはメールシステムから直接開くこともできます。

ファイルを共有する

.bimxファイルを各種方法で共有できます。従来のFTPプロトコルの他に、WebDavなどのファイルストレージ、クラウドベースのストレージ(Amazon)または単純なネットワーク共有(afp、smb)などを使用できます。デフォルトでは、これらの接続はオペレーティングシステムレベルでサポートされていませんが、Android Playストアで入手できるアプリケーションを利用すると、使用できるようになります。(X-plore、Astroなど)当然ながら、前述のDropboxもこの部類に属します。


AndroidデバイスでBIMxアプリをダウンロードする

AndroidモバイルデバイスでBIMxファイルを表示するには、BIMxアプリケーションが必要です。

  • Playストアを開きます。
  • BIMxを検索します。
  • インストールをクリックしてダウンロードが完了するまで待ちます。

App.png