モバイルデバイスでのBIMxアプリケーションの設定

by GRAPHISOFT · 最終更新日: 2013年3月19日

 

BIMx設定の場所

Androidデバイス

  • BIMxの設定、BIMxの実行中にアクセス可能BIMxの実行中に画面の上部に表示される3つのドットアイコンをクリックします。ドロップダウンメニューで[設定]ボタンを選択すると、全てのBIMx設定が表示されます。必要な変更を行い、モデルに戻ります。Android_settings.png

 

iOSデバイス

iPhone/iPad用のBIMxアプリに影響する設定は、次の2つの場所にあります。

  • iPhone/iPadのデバイス設定モバイルデバイスの[設定]アイコンをクリックします。表示されるデバイスの[設定]ページで、左側のアプリのリストからBIMxを選択し、その設定を表示します。device_settings.png

 

  • BIMxアプリケーションの設定、BIMxの実行中にアクセス可能BIMxの実行中に画面の上部に表示される[設定]ボタン(歯車アイコン)をクリックします。以下の設定のいずれかを変更し、[終了]をクリックしてモデルに戻ります(iPadでは、これらの設定はポップアップで表示され、設定変更の効果を瞬時に確認できます)。application_settings.png

BIMxアプリケーションで使用可能な設定

表示

 

マップ

これをオンにすると、現在ナビゲーションしている建物部分の簡略「マップ」が、ナビゲーションのフィードバックおよび支援として表示されます。

  • mapon.png

3D立体表示

BIMxは立体表示モードでモデルを表示できます。赤と青のメガネを使用して立体3Dでモデルを表示するには、これをオンにします。

シェーディング

建物を表示する好みのスタイルを選択します。

  • レンダリング(グローバルイルミネーション、輪郭なし)
  • 陰線処理
  • シェーディング(シェーディング、テクスチャ、輪郭あり、制限された透過)
  • メタル(シェーディング、テクスチャなし、輪郭あり、完全透過、「輝く」効果)
  • 白黒(BIMx 2.5モバイルアプリケーションの新機能)

 

PDFをスクロールして、各種BIMxシェーディングモードをご覧ください。

  • [gview file=”http://helpcenter.graphisoft.com/wp-content/uploads/2013/03/shading.pdf”]

 

BIM情報の表示

要素のBIM情報(要素名とID、高さ、サイズ、体積)をモバイルアプリケーションで表示できます。


 

自由移動

これはデフォルトでオフです。「自由移動」を参照してください。

低速、通常、高速。ジョイスティックで操作している場合の移動速度を調整します。

ジョイスティック/左利き用

ジョイスティックを画面の左側に移動します(左利きユーザーに便利)。

注記:iOSプラットフォームでは、この設定はデバイスの[設定]→[BIMx]にあります(詳細はこのページ上部を参照) 。


詳細

注記:iOSプラットフォームでは、これらの設定はデバイスの[設定]→[BIMx]にあります(詳細はこのページ上部を参照) 。

 

滑らかな輪郭(アンチエイリアス)

これはデフォルトでオフです。これをオンにすると、より滑らかな線(より少ないピクセル)でモデルをレンダリングすることで、モデル表示を改善します。ただし、アンチエイリアスをオンにすると必要なメモリ容量が増加するため、ナビゲーションが遅くなる場合があります。

回転/スクロール方向を反転

これは、指を使用して回転/スクロールする際の効果を変更します。デフォルトではこの設定はオフです。つまり、デフォルトでは、指を動かすと、表示されているシーンを指と同じ方向に動かす効果を持ちます。
この設定をオンにすると、回転/スクロールは反対の効果を持ちます。 つまり、視点(表示されているシーンではなく)が指を動かす方向に回転またはスクロールします。

単位

測定値はメートル、小数フィートまたはフィートとインチの分数値で表示できます。


情報

BIMxコミュニティサイト

インタラクティブな3D建築モデルをBIMxから直接共有またはダウンロードするには、統合されたFacebookのBIMxコミュニティにアクセスします。ここで、教育版と体験版を含む任意のARCHICADライセンスでモデルをアップロードできます。Facebookアカウントがなくても構いません。

バージョン

BIMxアプリケーションのバージョンと製造番号。