BIMx ニュース

by Tatsuro Kawai · 最終更新日: 2018年2月14日

 

BIMx アプデート

2017

BIMx 2017 Fall Update – BIMx Tips and Hyperlinks in Schedule views now available

iOS App version 2017.2.1250 and Android App version 2017.2.1271

  • BIMx Tips
    • Presents optional, short BIMx usage tips and tricks within BIMx apps a few times in a month, when the app starts. Also, provides a weblink to the related GRAPHISOFT Help Center article where the tip is explained in details. Available in ENG, GER, RUS, KOR and JPN languages. Both on iOS and Android.
  • Hyperlinks in Schedule views
    • Hyperlinks will be generated automatically between 3D model elements and their representation in Interactive Schedule drawings placed on a Layout within the same Hyper-model. When you tap on the schedule item an interactive popup helps you to find and select the related element(s) in the connected 3D model. In this way, not only the model derived 2D drawings but also the schedules will be hyperlinked with the 3D model.

BIMx 2017 Q2 Update –  Architects can now display their credits in BIMx mobile

iOS App version 2017.2.951 and Android App version 2017.2.1002

  • Combining ARCHICAD 21 new Publisher Set Properties and BIMx latest release, Architects can now display their credits (website URL and Logo) directly in the BIMx hyper-model
  • ARCHICAD 21 publishing improvements
    • The BIMx transfer site quotas (Public and Private) are now available from the Publisher Set Properties window, allowing the users to have an overview of the storage space already used
    • Now you can select multiple Schedules for the Info Set, in the Publisher Set Properties window
  • BIMx enhancements
    • Welcome screen (new users only)
    • New features overview (after application update)

BIMx 2017 Q1 Update part II –  Push notification from BIMx Transfer Site

iOS App version 2017.1.787 and Android App version 2017.1.827

  • Push notification is now supported in BIMx: get a short text message when a Hyper-model obtained from BIMx Model Transfer service has been updated and is ready for download.
  • Enhanced download protocol has been introduced, making it significantly faster to download a Hyper-model or an update from the BIMx Model Transfer service.
  • The issue on devices with iOS 10.3 version, which causes BIMx files to disappear if the Hyper-model name contains accented letters (éáöüí etc.), has been fixed.

BIMx 2017 Q1 Update part I –  Share your project on social networks in BIMx

iOS App version 2017.1.662 and Android App version 2017.1.682

  • Google Drive is now supported in BIMx to transfer Hyper-models on all desktop and mobile operating systems (including Microsoft Windows, Apple macOS and iOS as well as Google Android devices).
  • Apple AirDrop is also supported in BIMx, making it easy to transfer Hyper-models among any iOS or macOS devices.
  • New options for sharing Hyper-model with friends and business partners:
    • as an interactive, panoramic 360 Photo on Facebook
    • as a Tweet or LinkedIn update, with embedded camera view, directly from the BIMx model
    • or using any other sharing methods (email, iMessage, Messenger, Viber, Yammer, etc.) for which you have installed the appropriate app.

2016

BIMx 2016 Fall Update – BIMx is now supporting the most popular Virtual Reality device

iOS App version 2016.3.530

  • Google Cardboard Support
    • Look around at pre-defined positions through your Gallery items or favorites
    • Walk freely within your 3D model with custom speed options
  • BIMx now supports split view, you can work simultaneously on two apps at the same time on your iPad
    • Beneficial if you are using URL-based data exchange between BIMx and a 3rd party app
  • BIMx allows you to create hyperlinks with more elements included into the same URL

Android App version 2016.3.561

  • Google Cardboard Support
    • Look around at pre-defined positions through your Gallery items or favorites
    • Walk freely within your 3D model with custom speed options
  • BIMx allows you to create hyperlinks with more elements included into the same URL

BIMx 2016年第2四半期の更新 – Hyper-modelの2Dコンテンツへの自由なアクセス

iOSアプリ バージョン2016.2.397

  • 計測ツール
  • Hyper-modelの2Dコンテンツへの自由なアクセス

Androidアプリ バージョン2016.2.432

BIMxモデル転送サービス

  • 新デザイン
  • パフォーマンスの改善と使用可能性の向上

BIMx製品サイト

  • BIMx専用の新規サイト、こちらからアクセス

BIMx 2016年第1四半期の更新 – Hyper-model共有がプラットフォーム非依存に

iOSアプリ バージョン2016.1.227

  • Hyper-modelを受信者のプラットフォームに関係なくiOSとAndroidのどちらのデバイスからでも共有

Androidアプリ バージョン2016.13.255

BIMxモデル転送サービス

  • Hyper-modelと共にモデル共有リンクを格納するBIMxモデル転送サイトにより、共有リンクを後でいつでも誰にでも転送できます。

2015

BIMx 2015年第4四半期の更新 – BIMxでモデル要素にハイパーリンク経由でアクセス

iOSアプリ バージョン15.4.158

BIMx 2015年第3四半期の更新 – BIMcloud接続をレベルアップ

iOSアプリ バージョン15.3.58

Androidアプリ バージョン15.3.102

BIMx 2015年第2四半期の更新 – クラウドストレージへのダイレクトアクセス

iOSアプリ バージョン4.0.2809

ARCHICAD 19と共にリリースされたBIMxの最新の更新では、iOSデバイスに関する次の4つの新機能が導入されています。

Androidアプリ バージョン3.5.3510

この更新では、AndroidデバイスからのBIMcloudメッセージ機能およびARCHICAD 19からエクスポートされたBIMxファイルをサポートするための互換性開発が導入されています。

BIMx 2015年第1四半期の更新 – BIMx PROでのライセンスの簡略化

iOSアプリ バージョン3.6.353

BIMx DocsはBIMx PROに名前が変更されました。この変更は既存の機能に影響することはなく、BIMx Docsに含まれる機能以外に機能を追加するものでもありません。更新により、BIMx DocsはBIMx PROになります。

ライセンスの簡略化

GRAPHISOFTでは、iOSデバイス向けBIMxのライセンスオプションを簡略化しました。これ以降、次の2つのライセンスオプションから選択できます。

  • 1台のデバイスで全てのモデルを利用するライセンスを購入(設計担当者に最適)
  • 1つのモデルを利用するライセンスを時間の制限なく他の当事者と共有(設計担当者は全てのAEC関係者とモデルを共有可能)

以前と同様、BIMxはアプリ内課金を提供する無償アプリで、BIMx PROはデフォルトで全ての拡張機能を含む有償アプリです。簡略化された新しいライセンスオプションの詳細は、BIMxライセンスの記事を参照してください。

モデルのダウンロード速度の向上

この更新により、モデルのダウンロード速度が大幅に向上しました。アプリがバックグラウンドで動作している場合でも、BIMxモデル転送クラウドサービスからサイズの大きいファイルを安定した状態でダウンロードできます。