BIMx

BIMxについて

BIMxはプロフェッショナルなBIMプロジェクトビューワーであり、2Dおよび3D建築プロジェクトのナビゲーションを統合した独自技術のBIMx Hyper-modelを特徴としています。BIMx Hyper-modelは、複雑で大規模な3D建築モデルと膨大な量の2Dドキュメントを含むプロジェクトでも、極めてスムーズな操作と優れたパフォーマンスを実現します。

BIMx Web Viewer – BIMx Model Transfer site 新機能

目次はじめにコンテンツにアクセス操作方法ハイパーモデルを埋め込む はじめに BIMx Model Transfer siteの新機能であるBIMx Web Viewerは待望のブラウザベースのBIMxビューワーであり、WebGLテクノロジーをサポートする全ての主要なブラウザと互換性があります。 このViewerは、アプリケーションやブラウザのプラグインをインストールする必要はなく、またモデルデータをローカルに保存せずにアップロードされた BIMx…

BIMx よくある質問(FAQ)

他の3Dビューワーにはない、モバイルデバイス用BIMxの独自の特徴は何ですか?

ほとんどのモバイルデバイス用3Dモデルビューワーは、汎用目的のビューワーです。つまり、ナビゲーション機能は基本的に3D回転、スクロール、ズームに制限されています。BIMxは、それ以外にも多数のナビゲーション機能を備えています。

BIMxライセンスタイプ

目次モバイルiOSデバイス用のBIMxAndroidデバイス用のBIMxBIMxモバイルの機能デスクトップ商用版BIMxライセンス体験版BIMxライセンス教育版BIMxライセンスBIMxビューワーアプリケーションBIMxファイルを保存/開く機能の互換性 モバイル iOSデバイス用のBIMx App StoreでBIMxとBIMx PROの2種類のアプリケーションをダウンロードできます。 BIMx PRO は有料アプリで、ダウンロード時に購入する必要があります。このアプリケーションでは、自分のデバイスで全てのBIMxファイルに対してBIMx PRO機能を使用できます。アプリ内課金オプションとして、BIMx PRO機能をクライアントや同僚と共有することもできます。…

BIMxアプリ内課金:Hyper-modelの共有(iOS & Android)

1回の購入で自分のBIMx Hyper-model(2D平面を含む)をクライアントと共有します。アプリ内課金オプション「Hyper-modelを共有」を購入すると、自分のモデルとその2Dコンテンツの全てを共有してクライアントや同僚が無料で利用できるようにすることができます。

BIMxでアプリ内課金をリストア

無料のBIMxアプリでは、「BIMx PROライセンス」オプションにより、BIMx PRO機能を購入できます。 アプリを誤ってデバイスから削除した場合でも、同様にして以前購入したライセンスをBIMxでリストアできます。

BIMxモデルをiOSデバイスに転送する方法

GRAPHISOFTのクラウドサービスを利用して、BIMxモデルをアップロード、共有し、クライアントやAECワークフローの他の関係者に配布します。3DのみとHyper-modelのどちらの形式でも、BIMxおよびBIMx PROのiOSアプリで共有、ダウンロード、開くことができます。

BIMxモデルをAndroidデバイスに転送する方法

GRAPHISOFTのクラウドサービスを利用して、BIMxモデルをアップロード、共有し、クライアントやAECワークフローの他の関係者に配布します。3DのみとHyper-modelのどちらの形式でも、Android BIMxアプリで共有、ダウンロード、開くことができます。