CodeMeterハードウェアキーをHIDにコンバートする

by Michitaka Kiriki · 最終更新日: 2018年3月12日

CodeMeterハードウェアライセンスキーはCodeMeterドライバの初期の通信としてKEXT 3G(カーネル機能拡張)を使用して2018年までGRAPHISOFT社より提供されていました。macOS10.13のリリースより、 サードパーティによるカーネル機能拡張を使用したUSB端末に対して厳格なポリシーを提供しました。

今後のOS上で我々のプロテクトキーの安定性と柔軟性を保持するために、KEXT(カーネル機能拡張)ではなくHID(ヒューマンインターフェイス)として 構成する必要があります。

このコンバージョンでは2018年内にリリースされる新製品より自動的にコンバートされます。もしそのようなインストーラよりアクセスした場合、インストールに成功するための下記の条件を確認ください。そしてインストーラのウィザードに沿って進めてください。

コンバーターツールは下記のパッケージで見つけられます:


更新が成功するには、3つの個別の条件があります:

  1. ファームウェア更新のためにネットワーク接続が必要です
  2. HIDコミュニケーションのためにCodeMeterドライバ5.0もしくはそれ以上
  3. HID構成のためにネットワーク接続

1. ファームウェアを更新するための条件

ライセンスキーのファームウェアバージョンが2.02 以下の場合は、HID 通信のためにアップグレードする必要があります。アップグレードは、変換プロセス中に自動的に行われますが、作業にWIBUサーバーに到達する必要があります。ファームウェアを正常に更新するためには、HTTP通信をファイアウォールもしくはアンチウィルスアプリケーションで有効にする必要があります。

/! 注意: 多くの企業ではプロキシサーバーを使用しており、CodeMeterに設定する必要があります。CodeMeterバージョン 4.10aより、プロキシはインストール中に読み取られ転送されます。この設定は古いバージョンやその他の個々の設定では手動で変更できます。プロキシが使用されているかどうかを知りたい場合や、どこで設定されるかについては、社内のアドミニストレータにご確認ください。

2. CodeMeterドライバの条件

コンバージョンプロセスに成功すると、HID通信を行うために、少なくともCodeMeterドライバは5.0もしくはそれ以降である必要があります。

CodeMeter WebAdminにて、ダッシュボードでCodeMeterドライバを確認ください:

ランタイムのバージョンが5.00以下の場合、キーをコンバートする前にドライバを更新する必要があります。下記を行ってください:

  • GRAPHISOFT CodeMeterドライバダウンロードページにアクセスします
  • お使いのOSのCodeMeterドライバをダウンロードします
  • インストーラを起動し最初に既存のドライバをアンインストールします
  • インストーラを再度実行し新しいCodeMeterドライバをインストールします
  • 要求に応じてコンピュータを再起動します

3. HID構成の条件

ARCHICAD更新プログラムはGRAPHISOFT社のサーバーとの通信を確立しCodeMeterハードウェアキーの更新を実行します。

そのために、下記のサーバーとの通信を可能にしてください。

  • https://activity-api.graphisoft.com