CodeMeterキーをKEXTからHIDへの変換に関するよくある質問

by Michitaka Kiriki · 最終更新日: 2018年3月12日

コンバージョンとは何ですか?

CodeMeterハードウェアキーは、ARCHICAD及びGRAPHISOFT社の他の製品ライセンスの格納に使用されるものでKEXT(カーネル機能拡張 3Gクラス)からHID(ヒューマンインターフェイスデバイス)にコンバートすることです。

なぜコンバージョンが必要なのですか?

CodeMeterハードウェアキーをコンバートしないと、macOSの新しいバージョンでは互換性がなくなります。macOS 10.13よりApple社は既にサードパーティによるカーネル機能拡張に対して厳格になっています。もしサードパーティによるカーネル機能拡張の仕様がmacOS 10.14で完全にブロックされた場合、既存のCodeMeterハードウェアライセンスは全く機能しなくなります。その場合、残りのオプションは、別のコンピュータ上のキーを変換するか、もしくはコンバートされた新しいキーに置き換えることです。

どのキーをコンバーターがコンバージョンできますか?

GRAPHISOFT社及び販売店によって販売された製品ライセンスの有るCodeMeterハードウェア全てです。それらはキー何製品ライセンスが含まれています。コンバーターはグラフィソフト社のファームコードによってCodeMeterハードウェアキー全てをコンバートします。それは何れのライセンスに限りません。

コンバーターはGRAPHISOFT社のファームコードが七位キーはキーをコンバートしません。そのため、他のソフトウェアベンダーのキーは変更されません。

どのようにコンバーターは動作しますか?

– 物理的に挿したキーが、コンバージョンが必要かを確認します
– インターネット接続の有無を核にします
– CodeMeterドングルのファームウェアバージョンがバージョン2.02以下のバイアアップグレードします
– キーをKEXT(カーネル機能拡張)クラスからHID(ヒューマンインターフェイスデバイス)クラスに変更します
– コンバージョンの結果を最後にレポートします
このプロセスの詳細はこちらでご確認ください。

更新が正しく事項されるために何を準備すればよいですか?

HIDコンバージョンに成功するためには以下の条件があります:

  • ライセンスキーのファームウェアはバージョン2.02もしくはそれ以降である必要があります: コンバーターは必要であれば自動的にファームウェアをアップグレードします。
  • コンバージョンはCodeMeterドライバが5.0もしくはそれ以降である必要があります。
  • コンバージョンには次のサーバーとアクセスできる必要があります: https://activity-api.graphisoft.com

これらの問題に関するトラブルシューティングはCodeMeterキーのHIDコンバージョンに失敗する「ネットワークの問題により、CodeMeterのハードウェアキーを更新できない」をご確認ください。

KEXT (カーネル機能拡張)とHID (ヒューマンインターフェイスデバイス)クラスの間には何の違いがありますか?

ライセンスに関しては全て同様に動作します。HIDクラスではドングルはストレージ領域としては使用されませんが、GRAPHISOFT社ではキーをストレージ領域としては提供しないため、kの機能はKEXTクラスでは使用されません。

コンバートされたキーは以前のバージョンのARCHICADでも同様に動作しますか?

はい、CodeMeterハードウェアは以前と同様に機能し、ARCHICADバージョンによる制限はありません。

コンバーターはどこで見つけられますか?

以下のパッケージ内にあります:

ARCHICADがインストールされていないコンピューターにネットワークキーが挿されているため更新できません。どうしたらよいでしょうか?

2つのオプションがあります:

現在のコンバーターはWindowsでも同様ですか?

はい、キーはmacOS及びWindowsの両方にコンバートされます。Microsoft社も同様にサードパーティによるカーネル機能拡張のサポートを破棄することも可能です。また、これにより、WindowsからmacOSへ移行を決断したカスタマーにも問題が発生することを防ぎます。

コンバージョン更新ができるARCHICAD製品を持っていませんが、どのようにキーをコンバートすればよいですか?

スタンドアロンのCodeMeterプロテクトキーアップデートをコンバージョンに使用します。

どのようにキーがコンバートされたかどうかを確認すればよいですか?

変換プロセスを実行した後、インストーラは、その成功の可否について確認メッセージを表示します。

実際の変更を有効にするには、OSを再起動するか、キーを抜いて再度挿しなおしてください。手動でコンバージョンの結果を確認される場合は、下記で確認ください:
http://localhost:22350/container.html を開き、CmContainer情報タブで最初のデバイスの行を確認ください:

  • KEXT mode: CmStick123456789 (No Flash)
  • HID mode: No drive assigned (HID)