macOS 10.13 High Sierraで”システム拡張はブロックされました”とARCHICADをインストール中に表示される

by Michitaka Kiriki · 最終更新日: 2017年9月25日

影響のあるバージョン: 全て | 重要度: 解決先あり | ID: 229504

問題

新しいmacOS 10.13 High Sierraに初めてARCHICADをインストールする際に、インストール中に次の警告が表示される場合があります: “システム拡張はブロックされました”

原因

こちらはApple社よりmacOS 10.13 High Sierraにてカーネル機能拡張に関する当たらしいポリシー を適用したためです。これにより管理者権限のあるユーザーが許可しない限りカーネル機能拡張は起動しなくなります。CodeMeterドライバはハードウェアキーでカーネル機能拡張と通信するため、ARCHICADはそれなしでは通信することができません。ソフトウェアキーではこのカーネル機能拡張を使用しないため、この問題は影響しません。

 

解決方法

実行時に手動でカーネル機能拡張を許可する必要があります。(これはそれぞれのコンピュータで1回限りです)

手順は下記です: インストールプロセス中にカーネル機能拡張をどのように有効にするかを指示すうる画面が表示されます:

セキュリティとプライバシーの設定 ボタンを押して、 “WIBU-SYSTEMS AG”と書かれているテキストの隣の有効のボタンをクリックします:

インストール中にこの操作を忘れた場合でも、 下記の手順で行うことができます:

  1. コンピュータを再起動します (カーネル機能拡張を有効にするダイアログは、それぞれの起動後30分間表示されます)
  2. アプリケーションのシステム環境設定 を開きます
  3. セキュリティとプライバシー を選択して、一般タブを開きます
  4. “WIBU-SYSTEM AG” がブロックされているメッセージの隣にある許可のボタンをクリックします。

{i}セキュリティ上の理由によりリモートデスクトップと通して接続しているマシン、もしくはマウスやトラックパッドのエミュレータ(MagicPrefs、BetterTouchTool、 Synergy等)を使用されている場合には有効のボタンは押せません。